介護・福祉の最新ニュース

三重県が「連携型認知症疾患医療センター」を新規指定

2017-10-07 03:00

今後増加が予想される認知症への対応が目的
三重県は9月30日、新たに「連携型認知症疾患医療センター」を指定したと発表した。

高齢者人口は、今後ますます増加すると予想される。これに伴って懸念されているのが、認知症患者の増加である。認知症は誰もが発症する可能性があり、早期発見・早期診断・早期治療が重要だといわれている。

しかし現状では認知症の診断は初期の方が難しく、高度な検査機器や熟練した技術を要する検査が必要だ。このため、専門の医療機関への受診が不可欠である。

そこで三重県では、地域の実情に応じた認知症の専門医療を提供するために、地域医療構想区域8区域のうち、認知症疾患医療センターがまだ設置されていない「三泗」「鈴亀」「伊賀」「伊勢志摩」の4区域に、「連携型認知症疾患医療センター」を指定する。指定日は平成29年10月1日。

専門医療を提供する「連携型認知症疾患医療センター」
今回、三重県の公募によって「連携型認知症疾患医療センター」に指定されたのは、次の4施設。        
(1)医療法人社団 三原クリニック(三泗)
(2)ますずがわ神経内科クリニック(鈴亀)
(3)一般財団法人信貴山病院分院 上野病院(伊賀)
(4)医療法人 いせ山川クリニック(伊勢志摩)
(プレスリリースより)


連携型認知症疾患医療センターでは認知症の専門医療の提供をはじめ、行動・心理症状および身体合併症への初期対応、医療相談などを行う。また、地域の医療・介護関係者などへの研修などの開催を通じて、地域医療と介護の連携体制の構築も目指す。

(画像は、三重県のホームページより)


▼外部リンク

連携型認知症疾患医療センターを新規指定します - 三重県
http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0015900026.htm

キーワード: 地域

関連ニュース

優良介護事業所表彰(知事褒賞)候補事業所を募集 静岡県

介護人材確保への取り組み静岡県は、7月12日、働きやすく、働きがいのある職場環境づくりや利用者本位のサービス提供に積極的に取り組む県内の介護事業所を表彰する「平成30年度 静岡県優良介護事業所表彰(知事褒賞)」の表彰候補事業所を募集すること…

続きを見る

高齢者に向けた地域密着型暮らし応援サービス

生活をサポートNPO法人群馬福祉会が全国で初の試みである、高齢者に向けた初期費用完全無料の保証人サービスを2018年7月1日より開始した。 高齢者が過ごしやすい環境を従来の高齢者向け保証人サービスは、どの団体も入会する時に入会金・保証金・…

続きを見る

介護施設での看取りを考える研修会を開催 青森県

テーマは「介護の看取り“お迎えの心づもり”を考える」青森県は7月28日、介護施設での看取りに関する研修会を開催する。 「介護の看取り“お迎えの心づもり”を考える」をテーマに、看取りに携わる介護スタッフなどの資質向上を目的とした研修会である…

続きを見る

「ケアマネジャー試験対策講座」の受講生を募集 山梨県

試験対策は就業支援センターで山梨県は、7月6日、甲府市塩部に位置する「山梨県立就業支援センター」が、平成30年度 就業支援センター能力開発セミナー「介護支援専門員(ケアマネジャー)試験対策講座」の受講生募集をスタートしたことを発表した。 …

続きを見る

「介護・医療・ふくし れいほくバスツアー・就職相談会」を開催 高知…

施設全体の雰囲気を味わえる企画高知県は、7月4日、れいほく地域での介護・医療・福祉の仕事に関心のある人を対象とした「介護・医療・ふくし れいほくバスツアー・就職相談会」を無料開催することを発表した。 開催概要「介護・医療・ふくし れいほく…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る