介護・福祉の最新ニュース

三重県が「連携型認知症疾患医療センター」を新規指定

2017-10-07 03:00

今後増加が予想される認知症への対応が目的
三重県は9月30日、新たに「連携型認知症疾患医療センター」を指定したと発表した。

高齢者人口は、今後ますます増加すると予想される。これに伴って懸念されているのが、認知症患者の増加である。認知症は誰もが発症する可能性があり、早期発見・早期診断・早期治療が重要だといわれている。

しかし現状では認知症の診断は初期の方が難しく、高度な検査機器や熟練した技術を要する検査が必要だ。このため、専門の医療機関への受診が不可欠である。

そこで三重県では、地域の実情に応じた認知症の専門医療を提供するために、地域医療構想区域8区域のうち、認知症疾患医療センターがまだ設置されていない「三泗」「鈴亀」「伊賀」「伊勢志摩」の4区域に、「連携型認知症疾患医療センター」を指定する。指定日は平成29年10月1日。

専門医療を提供する「連携型認知症疾患医療センター」
今回、三重県の公募によって「連携型認知症疾患医療センター」に指定されたのは、次の4施設。        
(1)医療法人社団 三原クリニック(三泗)
(2)ますずがわ神経内科クリニック(鈴亀)
(3)一般財団法人信貴山病院分院 上野病院(伊賀)
(4)医療法人 いせ山川クリニック(伊勢志摩)
(プレスリリースより)


連携型認知症疾患医療センターでは認知症の専門医療の提供をはじめ、行動・心理症状および身体合併症への初期対応、医療相談などを行う。また、地域の医療・介護関係者などへの研修などの開催を通じて、地域医療と介護の連携体制の構築も目指す。

(画像は、三重県のホームページより)


▼外部リンク

連携型認知症疾患医療センターを新規指定します - 三重県
http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0015900026.htm

キーワード: 地域

関連ニュース

ナオキングも同行!「高齢者施設見学バスツアー」を開催 広島県

テレビでお馴染みの人も一緒に広島県は、10月18日、「中島尚樹さんと行く高齢者施設見学バスツアー」を無料開催することを発表した。 中島さんは、テレビ新広島で放送されている「ナオキング調査団Z」に、ナオキングとして出演中。クマボー、男気くん…

続きを見る

市民公開講座「漢方治療と認知症ケアについて」11月3日開催 日野市

身近で役に立つ介護情報を知る日本臨床漢方医会、日野市医師会、昭島市医師会、多摩市医師会、立川市医師会、小太郎漢方製薬株式会社共催の市民公開講座が、11月3日、東京都日野市で開催される。実際に現場で働く医師たちが伝える、身近で役に立つ介護情報…

続きを見る

管理会社がマンションの高齢者見守り事業に参画 神戸市

「高齢者見守りに関する協定」を締結大和ハウスグループの大和ライフネクストとグローバルコミュニティは10月16日、神戸市と「高齢者見守りに関する協定」を締結した。今後、神戸市の「協力事業者による高齢者見守り事業」に取り組んでいく。 大和ライ…

続きを見る

認知症セミナー「認知症と共に暮らしていく」開催 岐阜県

認知症について考えるセミナー岐阜県医師会と岐阜県は11月3日、認知症セミナー「認知症と共に暮らしていく」を開催する。 岐阜県医師会と岐阜県では、地域における認知症の理解を進め、認知症の高齢者やその家族が暮らしやすいよう支援する体制づくりに…

続きを見る

認知症を正しく理解できる「認知症サポーター養成講座」

認知症サポーター養成講座2017年11月15日、東京都葛飾区は河西真二氏(浴風会リハビリ回復期病棟介護主任)を講師に迎え、「認知症サポーター養成講座」を開催する。 認知症について正しく学べる「認知症サポーター養成講座」では、認知症の人や家…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る