介護・福祉の最新ニュース

エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座

2017-10-07 14:15

人生の最終段階に関わる援助者を養成する
一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会は、人生の最終段階において、いのちや生活の質を高めることを目指す「エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座」を開催する。

同講座は医療・介護の現場経験が1年以上あれば受講することができる。

開催概要について
講座開催日時は2017年10月21日と22日の2日間、1日目は9時~17時30分、2日目は9時~17時、会場は、新大阪丸ビル別館(大阪府大阪市)となる。

講座は、事例検討やロールプレイを実施するため、医療・介護の現場に1年以上従事し、人生の最終段階に現在関わっている、過去に関わっていた、あるいは、これから関わろうとしている人が対象となる。

参加費は、30,000円(税抜)、但し初年度年会費3,000円が含まれているので、既に会員の人は27,000円(税抜)となる。

講座内容
講座では、課題背景(2025年問題について)、人生の最終段階に共通する自然経過、苦しむ人への援助と5つの課題、意思決定支援、自宅・介護施設で求められる症状緩和、援助的コミュニケーションについてのロールプレイなどを学ぶ。

1対1での対応方法から多職種連携で行う支援方法までを学び、研修終了後には、自信を持って人生の最終段階にある人と関わることができることを目指す。

(画像はエンドオブライフ・ケア協会ホームページより)


▼外部リンク

エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座
https://endoflifecare.or.jp/program/20171021/

一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会
https://endoflifecare.or.jp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

自宅介護の限界とは「あいらいふ」11月号発刊

有料老人ホームへの入居をアドバイスザップは、10月18日、月間介護情報誌「あいらいふ11月号」を、10月26日に発刊することを発表した。 11個のサインを解説自宅で介護をする人の中には、「家族間で暴言や暴力がある」「自力で家に戻れない」な…

続きを見る

関西デイサービス協会設立総会開催!~介護保険制度の希望「自立支援介…

設立後初となる総会を開催次期介護保険改正では、デイサービスはさらに厳しさを増すことが予想されている。他方、いまデイサービスの将来に明るい兆しをともす新しい取り組みとして「自立支援介護」、「混合介護」、「ICT・ロボット」、「アジア健康構想」…

続きを見る

英国生まれの「ストレスケア講座」を初開催 枚方市

ストレスの軽減や心身の癒やしに日本セラピューティック・ケア協会は、10月16日、英国赤十字社により考案されたケア法「セラピューティック・ケア」の基礎を学べる入門講座を、大阪府枚方市にて初開催することを発表した。 このケア法では、服の上から…

続きを見る

広島で「日本通所ケア研究大会・認知症ケア研修会」開催

デイ・デイケアに強く求められるものは何か株式会社QOLサービスの研修部門である日本通所ケア研究会は、地域包括ケアシステム構築に向けた2018年度同時改定後のデイの役割をテーマに「第16回日本通所ケア研究大会(合同開催)」「第13回認知症ケア…

続きを見る

こだわりぬいた「正月二段重セット」「愛知県三河一色産 うな重」が誕…

独自技術を駆使した摂食回復支援食イーエヌ大塚製薬は、10月13日、「あいーと」の季節限定商品として、「正月二段重セット」と「愛知県三河一色産 うな重」を日本全国で、10月23日(月)より販売開始することを発表した。 「あいーと」は、通常の…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る