介護・福祉の最新ニュース

介護人材を確保 「第8回こうち介護の日」を開催 高知県

2017-10-09 20:00

急速に進む少子高齢化
高知県は、10月5日、「第8回こうち介護の日」イベントを、11月11日に開催することを発表した。

県の人口は、1956年の88万3,000人をピークに、徐々に減少。近年では、出生数の減少なども影響し、2015年には72万8,000人となった。

また、国勢調査の結果によれば、65歳以上の老年人口は1995年に初めて年少人口を上回るなど、全国に10年先行して高齢化が進んでいることから、県では、今後の福祉・介護サービスを担う「質の高い人材確保」が喫緊の課題と位置付けている。

開催概要
イベントは、10時から16時まで「こうち旅広場(高知駅前)」にて開催。

ステージイベントでは、お笑い芸人「ロッチ」による爆笑ライブ、スーパーバンド。によるミニライブのほか、養成校の学生、若手介護職員、漫画家のくさか里樹さんによるトークセッション「魅力発見!!介護のお仕事」が実施される予定だ。

また、福祉・介護情報及び機器コーナーを設置。介護に関する悩みごとの相談や介護用品、施設に関する相談も受け付けるという。

介護人材確保に向けた取り組み
県では、このイベントを通じ、介護の仕事の魅力や専門性を、広く県民に知ってもらうことで、介護人材確保につなげたい考えだ。

11月11日は「介護の日」。当日は、ぜひとも家族や友達と来場するよう呼び掛けている。

(画像は高知県のホームページより)


▼外部リンク

高知県 プレスリリース
http://www.pref.kochi.lg.jp/

「第8回こうち介護の日」チラシ
http://www.pref.kochi.lg.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

介護現場で頑張るあなたを応援!「電話相談窓口」を開設中 高知県

介護職員の悩みを相談できる場所高知県は、2月16日、同県介護福祉士会への委託により、「介護職員電話相談窓口」を開設中であることを発表した。 主な取り組み概要「介護職員電話相談窓口」では、豊富な介護の知識と現場経験を有する相談員が、業務内容…

続きを見る

介護者の負担を軽減できるケア技法

ユマニチュード(R)2018年2月14日、株式会社エクサウィザーズは「ユマニチュード(R)」を紹介した。 ケア技法「ユマニチュード(R)」とは、知覚や感情、言語による包括的なコミュニケーションをベースにしている。 「ユマニチュード(R)…

続きを見る

まずはできることから!「認知症サポーター養成講座」

認知症サポーター養成講座2018年2月27日、ケア24梅里は、家族介護教室「認知症サポーター養成講座」を開催する。 「認知症サポーター養成講座」は、認知症サポーターを養成することを目的とする。講師は「ケア24梅里」の職員が務める。 認知…

続きを見る

大阪読売防犯協力会と「高齢者にやさしい地域づくり推進協定」を締結 …

安心できる街づくり大阪府は、2月13日、認知症徘徊行動等による行方不明高齢者の早期発見・保護への協力や見守り等を通じた、高齢者にやさしい地域づくりの実現を目指し、大阪読売防犯協力会と、「高齢者にやさしい地域づくり推進協定」を締結したことを発…

続きを見る

県による認証制度「信州ふくにん」をスタート長野県

介護や福祉人材の確保に長野県は、2月13日、県内で介護保険サービス、障がい福祉サービス及び児童福祉サービスを運営する法人を対象に「信州福祉事業所認証・評価制度(略称、信州ふくにん)」をスタートすることを発表した。 制度の概要これは、介護や…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る