介護・福祉の最新ニュース

転倒危険度評価システム「Step+」にトレーニング機能追加

2017-10-12 18:30

「転倒予防の日」である10月10日より販売
株式会社日本シューターが、「転倒危険度評価システム『Step+(ステップ プラス)』」にトレーニング機能を追加した。

「Step+」は、転倒リスクと相関性があるとされる、二つ以上の課題を同時にこなす能力「デュアルタスク(二重課題処理)」能力を定量的に計測し、転倒予防の意識啓発を促す。

追加されるトレーニング機能は、ゲーム感覚で行える7種類。「デュアルタスク」トレーニングにより、転ばない身体づくり、効果的な認知トレーニングを行える。

トレーニングにより、デュアルタスク能力向上
「Step+」は、パソコン画面で指示される矢印の方向に沿って、または反対方向にステップするテストを、マット1枚分のスペースで行う。

画面を見る、ステップを踏む、矢印と逆の方向を考える等、複数の課題を同時に行い、運動機能を計測し、その場で転倒危険度を判定する。現在、医療・介護施設、各区市町村の地域包括支援センター等で活用されている。

デュアルタスク能力は加齢により低下するが、トレーニングを続けることで80歳以上の高齢者でも改善する。今回トレーニング機能が追加され、長期的に無理なくトレーニングを継続することにより、デュアルタスク能力の向上が期待される。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社日本シューターのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

東北大学病がアルツハイマー型認知症の治療法確立のため治験を実施

マウス実験で効果を確認東北大学病院は6月19日、世界初となるアルツハイマー型認知症に対する「超音波治療」の医師主導治験を行うと発表した。東北大学大学院 医学系研究科 循環器内科学分野の下川宏明教授らの研究グループが行うもの。 研究グループ…

続きを見る

無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年7月号」発刊

テーマは老人ホームの探し方ザップは、無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年7月号」を、6月28日(木)に発刊する。 今回も充実した内容を掲載「あいらいふ 2018年7月号」では、あなたにふさわしい「老人ホームの探し方」(前編)を特集する…

続きを見る

認知症に関する基礎知識の理解が進む 全日本民医連「認知症実践ハンド…

全国で展開されている取り組みも紹介全日本民主医療機関連合会(以下「全日本民医連」)は、2018年6月19日、『認知症実践ハンドブック』についてのプレスリリースを発表した。 このハンドブックは、今年3月、保健医療研究所より発行されたもの。認…

続きを見る

プロトラブズの射出成形 介護・医療向け遠隔操作ロボット「OriHi…

「その人がそこにいるような感覚」を伝えるプロトラブズ合同会社は、2018年6月19日、介護・医療向け遠隔操作ロボット『OriHime』の最終製品パーツの製造において、同社の射出成形サービスが採用されたと発表した。 『OriHime』は、株…

続きを見る

障がい者のスポーツ体験 大阪市

障がい者スポーツ体験兵庫県を中心に運営する株式会社ITCのITCテニススクールは、2018年6月23日(土)に大阪市にあるITC靭(うつぼ)テニスセンターにて、「ITCパラスポーツフェスタ」を開催することを決定した。 全員が一緒に楽しめる…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る