介護・福祉の最新ニュース

あやすと1歳児の言葉をしゃべる「こんにちは赤ちゃん」

2017-11-01 17:00

こんにちは赤ちゃん
2017年10月28日より、トレンドマスター株式会社は、コミュニケーションロボット「こんにちは赤ちゃん」を2種類(男の子、女の子)、全国一斉に発売する。

赤ちゃん型のぬいぐるみの様な外観の「こんにちは赤ちゃん」は、シンプルな加速度センサーと音声センサーを兼ね備えている。

1歳の赤ちゃんをあやす様に、「こんにちは赤ちゃん」をあやすと、1歳児の言葉をしゃべる。

また、成長機能もある「こんにちは赤ちゃん」は、繰り返しあやすと、1歳6カ月に成長した言葉になる。

スイッチを入れるだけで起動
電池を入れて、スイッチを入れるだけで起動する「こんにちは赤ちゃん」は、難しい初期設定もない。

使用する電池は、単4アルカリ乾電池2本(別売り)、電池モジュールを取り外すと、ぬいぐるみ本体を洗うことも可能だ。

福祉製品として効果を検証
「こんにちは赤ちゃん」を福祉製品として実証する実験の申請は、KIS(かわさき基準)に受理され、高齢者施設・障がい者施設における効果検証が11月上旬より、開始される。

また、「こんにちは赤ちゃん」は、「介護ロボット等モニター調査事業」(公益財団法人テクノエイド協会主催)に参画する事も決定した。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

トレンドマスター株式会社PRTIMES
https://prtimes.jp/

キーワード: 総合

関連ニュース

腰の負担を軽減する体幹筋サポーター

POJI体幹筋サポーター2018年4月より、株式会社POJIは、「POJI体幹筋サポーター」を発売した。 「POJI体幹筋サポーター」は、屈曲や伸展のような動きに対して、強伸縮バンドが動作をサポートする。介護職などの職務において、動作と腰…

続きを見る

人々との触れ合いで成長する「aibo(アイボ)」

自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」2018年4月6日、ソニー・ライフケア株式会社は、自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」を介護付有料老人ホーム等に導入したことを発表した。 今回、「aibo」が導入され…

続きを見る

「ビフィズス菌A1」が 軽度認知障がいが疑われる人の認知機能を改善

ヒトに対する効果を検証森永乳業は、3月22日、認知症を発症する前段階である軽度認知障がいの疑いがある人を対象に、「ビフィズス菌A1」を摂取する前後比較試験を実施したところ、軽度認知障がいが疑われる人の認知機能を改善する可能性を確認できたこと…

続きを見る

ロングライフホールディングがジェトロのニューズレターにて紹介 中国

テーマは高齢者産業ロングライフホールディングは、3月16日、JETRO(日本貿易振興機構、以下、ジェトロ)が発行する「ジェトロ中国高齢者産業ニューズレター」 に、中国へ参入した企業として同社が紹介されたことを発表した。 ニューズレターの主…

続きを見る

ダンスで楽しく介護予防

JDACダンス介護予防指導士2018年4月1日より、株式会社プレミア・ケアと一般社団法人ダンス教育振興連盟JDAC(ジェイダック)は、指導者の資格制度「JDACダンス介護予防指導士」をスタートする。 高齢化社会において、介護職員の人手不足…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る