介護・福祉の最新ニュース

アルツハイマー型認知症に伴う行動障がい向け 「追加フェーズ3試験」を実施 米国

2017-11-03 20:00

さらに次のステップへ
大塚製薬は、11月1日、抗精神病薬「ブレクスピプラゾール(一般名)」のアルツハイマー型認知症に伴う行動障がい(アジテーション)を対象とした「追加フェーズ3試験」を実施することを発表した。

過去の結果はいまひとつ
ブレクスピプラゾールは、大塚製薬とデンマークに本社を置くH.ルンドベックA/Sによって共同開発された抗精神病薬。

米国では、成人の大うつ病の補助療法と統合失調症の2つの適応症で承認されており、製品名「REXULTI(レキサルティ)」として、両社により共同販売されている。

両社は、これまでにアルツハイマー型認知症に伴う行動障がいを対象に、2本のフェーズ3試験を実施してきた。しかし、アジテーション症状の改善を示したものの、一貫した結果が得られなかったという。

2018年前半にスタート
2本のフェーズ3試験の終了後、両社は、米国FDAと協議を重ね、追加フェーズ3試験のスタート時期を2018年前半の予定とした。

アルツハイマー型認知症の患者の約半数は、介護者に対して暴言や暴力、錯乱などの行動障がいを起こすという。これらの症状は、介護者の重い負担につながるだけでなく、認知機能をより急速に低下させ、ひいては介護施設への入居などにも関係してくることから、新薬の早期開発に期待が寄せられる。

(画像は大塚製薬のホームページより)


▼外部リンク

大塚製薬 プレスリリース
https://www.otsuka.co.jp/

キーワード: 総合

関連ニュース

認知症情報サイト「笑顔とこころでつながる認知症医療」 掲載施設数が…

認知症に携わる人々の取り組みを紹介小野薬品工業株式会社は、2018年7月12日、同社運営の認知症関連情報WEBサイト『笑顔とこころでつながる認知症医療』にて取材記事を掲載している施設数が、400軒に達したと発表した。 『笑顔とこころでつな…

続きを見る

ミクニグループ 車いす等の合弁事業をスタート

世界的リーダーと合弁会社を設立ミクニは、7月10日、連結子会社で福祉介護機器事業を展開している「ミクニライフ&オート(以下、MLA)」が、ドイツのマルシュに本社を置く「Sunrise Medical Holdings Limited(以下、…

続きを見る

「ヘルスケアフードファクトリー亀岡」のPR動画を掲載

HPに動画を掲載介護施設や病院に向けた給食受託会社の日清医療食品株式会社は、6月28日に同会社HPにて、1日10万食を製造する「ヘルスケアフードファクトリー亀岡」のPR動画を掲載した。 省力化の徹底追求今までのセントラルキッチンの規模は1…

続きを見る

介護現場の不快な臭気に関する研究結果発表

独特で不快な臭気の研究介護現場での悩みのひとつ「独特で不快な臭気」の研究を、ライオン株式会社が知見を得て、本研究に関する内容を学会で発表した。 研究成果介護施設や介護者の部屋で感じる、臭気を回収し解析した結果、尿もれの影響が大きい股部分と…

続きを見る

アルツハイマー病の治療開発に期待 miR-132の補充がハンチント…

NCNPの研究グループが発見国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP)と国立研究開発法人 日本医療研究開発機構は、2018年6月25日、脳内で減少するmiR-132の補充がハンチントン病に効果があることを発見したと発表した…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る