介護・福祉の最新ニュース

アルツハイマー型認知症に伴う行動障がい向け 「追加フェーズ3試験」を実施 米国

2017-11-03 20:00

さらに次のステップへ
大塚製薬は、11月1日、抗精神病薬「ブレクスピプラゾール(一般名)」のアルツハイマー型認知症に伴う行動障がい(アジテーション)を対象とした「追加フェーズ3試験」を実施することを発表した。

過去の結果はいまひとつ
ブレクスピプラゾールは、大塚製薬とデンマークに本社を置くH.ルンドベックA/Sによって共同開発された抗精神病薬。

米国では、成人の大うつ病の補助療法と統合失調症の2つの適応症で承認されており、製品名「REXULTI(レキサルティ)」として、両社により共同販売されている。

両社は、これまでにアルツハイマー型認知症に伴う行動障がいを対象に、2本のフェーズ3試験を実施してきた。しかし、アジテーション症状の改善を示したものの、一貫した結果が得られなかったという。

2018年前半にスタート
2本のフェーズ3試験の終了後、両社は、米国FDAと協議を重ね、追加フェーズ3試験のスタート時期を2018年前半の予定とした。

アルツハイマー型認知症の患者の約半数は、介護者に対して暴言や暴力、錯乱などの行動障がいを起こすという。これらの症状は、介護者の重い負担につながるだけでなく、認知機能をより急速に低下させ、ひいては介護施設への入居などにも関係してくることから、新薬の早期開発に期待が寄せられる。

(画像は大塚製薬のホームページより)


▼外部リンク

大塚製薬 プレスリリース
https://www.otsuka.co.jp/

キーワード: 総合

関連ニュース

アルツハイマー型認知症予防 「スペアミントのロスマリン酸」に期待大

認知症予防への有効性を検証わかさ生活は、12月7日、鳥取大学との共同研究「アミロイド線維形成抑制に働く天然物化合物の探索」を、学会にて発表したことを明らかにした。 認知症の中でも「アルツハイマー型認知症」患者は、およそ5割を占める。その主…

続きを見る

ケアサービスが合弁会社を設立 中国

中国にて顧客をさらに獲得ケアサービスは、11月24日、中国の上海金盛隆養老服務有限公司とリブラとの共同出資による新会社「上海保原健康管理諮詢有限公司(予定)」を、12月下旬を目途に設立することを発表した。 平成27年8月、ケアサービスでは…

続きを見る

世界初!介護者も助けるデジタルメディスン「エビリファイ マイサイト…

新しい価値を提供する製品が誕生大塚製薬は、11月14日、世界初のデジタルメディスン「エビリファイ マイサイト(Abilify MyCite(R))」が、米国FDAにて承認されたことを発表した。 3者間の円滑なコミュニケーションを促進「エビ…

続きを見る

市販の介護食利用者は約40%「介護にまつわる意識調査」の結果を発表

「介護の日」に向けた取り組みキユーピーは、11月8日、「介護にまつわる意識調査」の結果を発表した。 食事に関する困りごとを持つ人は約30%介護の必要な同居家族がいる人に対し、「介護にどの程度携わっているか」を尋ねたところ、「主に携わってい…

続きを見る

朝日生命 全役職員約15000名が「認知症サポーター」として認定

社内で認知症サポーターは15000名以上朝日生命保険相互会社は、認知症サポーター養成の取り組みを進めており、生命保険会社では初めて全役職員15,566人が認知症サポーターとして認定された。 今までの取り組み同社では、平成24年度より、厚生…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る