介護・福祉の最新ニュース

地域医療・看護を学ぶ「韓国大学生」を招へい 外務省

2017-11-07 21:30

日本の地域医療や看護を学ぶ
外務省は、11月6日から14日まで、地域医療・看護を学ぶ韓国の大学生等25名が訪日していることを発表した。

この取り組みは、対日理解促進交流プログラム「JENESYS2017」の一環。対外発信力を有する人材に、対日理解の促進を図るとともに、将来的に日本の外交姿勢や魅力等について、自ら積極的に発信してもらうことで、日本の外交基盤拡充につなげたい考えだ。

主なプログラムの内容
日本滞在中、25名は千葉県庁を訪れ、「近年の保健医療福祉政策の動向から見た地域医療・看護」をテーマとした講義を受ける。

また、亀田総合病院や介護老人保健施設「たいよう」、ケアハウス「まんぼう」、東京湾アクアライン技術資料館「うみめがね」を視察するほか、亀田医療大学、亀田医療技術専門学校にて医療分野を学ぶ日本の学生との交流等を行う。

さらに、大山千枚田での文化体験を実施。ワークショップでは今回のプログラムの振り返り・討論、最後は成果報告会で締めくくられる予定だ。

日韓の相互理解と信頼関係増進に
外務省では、今回の事業を通じて、韓国の大学生等が、政治、経済、社会、文化、歴史、外交政策等に関する対日理解を深めてくれることに期待を寄せる。

なお、この事業主催団体は、日韓文化交流基金。1983年12月の設立以来、両国民間の人的交流及び学術・文化交流を深めるための事業を実施している。

(画像は外務省のホームページより)


▼外部リンク

外務省 プレスリリース
http://www.mofa.go.jp/

キーワード: 介護保険制度・政府

関連ニュース

高齢者施設にて 紙オムツと汚物を分離・処理する実証実験をスタート

介護負担軽減への取り組み国土交通省は、6月22日、紙オムツと汚物を分離したうえ、オムツは回収し、汚物は下水へ流す「固形物分離タイプ」の新技術に関し、高齢者施設にて実証実験を行うことを発表した。 このプロジェクトは、先導的な技術の普及啓発に…

続きを見る

3月審査分「介護給付費等実態調査月報」を発表 厚労省

受給者総数は約21万人減少厚生労働省は、5月30日、介護給付費等実態調査月報(平成30年3月審査分)を発表した。 全国の受給者総数は、介護予防サービスでは、71万1,400人、介護サービスでは421万2,900人となり、総計で492万4,…

続きを見る

2020年度末までに必要な介護人材216万人-厚生労働省

2025年度末には約245万人が必要厚生労働省は5月21日、第7期介護保険事業計画において、介護人材の必要数などの試算した結果を公表した。 厚生労働省では介護サービス計画として、2018年から2020年までは第7期、2021年から2023…

続きを見る

介護保険事業状況報告の概要(平成30年2月暫定版)を発表 厚労省

高齢者は49万人増厚生労働省は、5月11日、介護保険事業状況報告の概要(平成30年2月暫定版)を発表した。 2月末現在、第1号被保険者数は、3,484万人。昨年同時期が3,435万人であったため、年間49万人増加した結果となった。 結果…

続きを見る

日本の介護食品「スマイルケア食」を海外へ 農水省

会議は非公開にて実施農林水産省は、5月9日、同省第3特別会議室において、「スマイルケア食海外展開プロジェクト 第1回会合」を開催した。 これに先立ち同省は、「スマイルケア食」をはじめとする介護食品の輸出促進に向け、現地ニーズの把握、現地関…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る