介護・福祉の最新ニュース

市販の介護食利用者は約40%「介護にまつわる意識調査」の結果を発表

2017-11-11 16:45

「介護の日」に向けた取り組み
キユーピーは、11月8日、「介護にまつわる意識調査」の結果を発表した。

食事に関する困りごとを持つ人は約30%
介護の必要な同居家族がいる人に対し、「介護にどの程度携わっているか」を尋ねたところ、「主に携わっている」と答えた人は52.5%。「自分も携わっている」を加えると、約80%の人が携わっていることが判明した。

また、「介護に関する日常動作の中で介護する人が困っているもの」を、複数回答で尋ねたところ、「風呂」が21.6%、「排泄」が20.3%、「歩行全般」が17.1%と続き、「食事の準備」や「食品の買い物」など、食事に関する困りごとを持つ人の合計は、30%弱に上ることもわかった。

さらに、「食事の準備をどのように準備しているか」を尋ねたところ、「すべて手作りしている」が57.4%と最も高く、60代以上では「すべて手作りしている」が82.5%と高い数字を示した。

一方、「一部市販の介護食品を利用している」が30.5%。「ほとんど市販の介護食品を利用している」が12.1%と続き、重視することは、「食べやすさ」、「保存がきくこと」、「価格」であった。

毎年調査を実施
同社は、介護者および、被介護者の双方の視点に立ち、在宅介護を支援していきたいとしている。

なお、同社では今後も年次調査を実施していく予定。介護に関する認識や実態を分析することで、不安や課題の解決につなげていく考えだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

キユーピー プレスリリース
https://www.kewpie.co.jp/

キーワード: 総合

関連ニュース

世界初!介護者も助けるデジタルメディスン「エビリファイ マイサイト…

新しい価値を提供する製品が誕生大塚製薬は、11月14日、世界初のデジタルメディスン「エビリファイ マイサイト(Abilify MyCite(R))」が、米国FDAにて承認されたことを発表した。 3者間の円滑なコミュニケーションを促進「エビ…

続きを見る

アルツハイマー型認知症に伴う行動障がい向け 「追加フェーズ3試験」…

さらに次のステップへ大塚製薬は、11月1日、抗精神病薬「ブレクスピプラゾール(一般名)」のアルツハイマー型認知症に伴う行動障がい(アジテーション)を対象とした「追加フェーズ3試験」を実施することを発表した。 過去の結果はいまひとつブレクス…

続きを見る

朝日生命 全役職員約15000名が「認知症サポーター」として認定

社内で認知症サポーターは15000名以上朝日生命保険相互会社は、認知症サポーター養成の取り組みを進めており、生命保険会社では初めて全役職員15,566人が認知症サポーターとして認定された。 今までの取り組み同社では、平成24年度より、厚生…

続きを見る

あやすと1歳児の言葉をしゃべる「こんにちは赤ちゃん」

こんにちは赤ちゃん2017年10月28日より、トレンドマスター株式会社は、コミュニケーションロボット「こんにちは赤ちゃん」を2種類(男の子、女の子)、全国一斉に発売する。 赤ちゃん型のぬいぐるみの様な外観の「こんにちは赤ちゃん」は、シンプ…

続きを見る

CYBERDYNEと損保会社が「サイバニクス技術」と「リスクファイ…

両社の得意分野で連携CYBERDYNEと損害保険ジャパン日本興亜は、10月25日、人とロボットと情報を融合複合した新技術「サイバニクス技術」と、「リスクファイナンス」の融合による、健康で豊かな社会システムの構築に向けた包括的業務連携に関する…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る