介護・福祉の最新ニュース

介護職をしていて嫌だと思うのは 人間関係

2017-11-14 07:00

介護職で良かったこと、嫌なことを調査
株式会社エス・エム・エスが、介護従事者203人に実施した「介護職をやっていて良かったこと、嫌なこと」の調査結果を公表した。同調査は11月11日の「介護の日」に因み、10月20日~11月6日にインターネット調査によって行われている。

良かったことはお礼や、利用者が回復したとき
「介護職をやっていて良かったと思うこと」(複数回答)、1位は“利用者・家族にお礼や嬉しい言葉を言われたとき”40%、2位は“利用者・家族から信頼されていると感じたとき”37%、3位“利用者が回復や状態が改善したとき”34%となった。

具体的なエピソードとして、「ここに母を入れて良かった」と家族に感謝された、普段暴言を吐く利用者が「ありがとう」と言ってくれた、担当した利用者が半年で要介護4から2まで状態が改善した等が挙げられている。

4位以下には“利用者の生活に寄り添えていると感じたとき”33%、“人の役に立っていると感じたとき”26%、“ケアに関する専門性、能力が上がったと思うとき”23%と続く。

嫌なのは人間関係が悪いこと、忙しいこと
「介護職をやっていて嫌なこと、つらいと思うこと」に対する回答は、“スタッフ間の連携・意思疎通があまりない、悪いと感じたとき”46%、“人間関係が悪い、うまくいかないと感じたとき”41%、“人員不足で忙しい、業務が過密”37%となった。次いで“給与が低い”33%、“法人の理念・運営法に不満を感じるとき”25%となっている。

責任者から嫌がらせをされた、いじめが多い、職場に派閥がある等の人間関係。昼休みがない、サービス残業がある、営利優先で現場を理解していない経営層等、嫌だと思うことが多く挙げられている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社エス・エム・エス プレスリリース
https://www.bm-sms.co.jp/prs_171109_ctresearch/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

世界初!「座ったままウォーキングできる足ふみ健康器」販売をスタート

世界初の画期的なリハビリ製品健幸ライフは、今年5月より、高齢者向け歩行訓練リハビリ器具「足ふみ健康ライフ」の販売を開始している。 同社は、同製品を7月3、4日に福岡で開催された九州最大の介護用品展示会「CareTEX福岡」に出展。2日間で…

続きを見る

サ高住「ココファン西船橋」 真間あんどん祭りの行灯を学生と共に製作…

地元大学生との「はじめての共同作業」株式会社学研ココファンは、2018年7月11日、同社が運営するサービス付き高齢者向け住宅『ココファン西船橋』にて『真間あんどん祭り』の行灯製作を行うと発表した。 学研ココファンは、株式会社学研ホールディ…

続きを見る

日本通所ケア研究会 介護のリハビリケア研修会を開催 大阪・東京

医療・介護の連携力を高める日本通所ケア研究会は、2018年7月13日、『介護のリハビリケア研修会』を大阪・東京にて開催すると発表した。 同研修会は、医療・介護の連携力を高める人材育成・運営マネジメント手法などを、講義と実技で学ぶというもの…

続きを見る

はあとふるあたご 看護小規模多機能ホームあきはを開設 新潟市秋葉区

秋葉区初の看護小規模多機能型居宅介護株式会社はあとふるあたごは、2018年7月12日、新潟市秋葉区にて『多機能ホームあきは』を開設したと発表した。 同社は、デイサービスセンターやショートステイなどの運営を行っている企業。『多機能ホームあき…

続きを見る

「真夏の介護現場における高齢者の脱水対策セミナー」開催 東京・銀座

高齢者における「かくれ脱水」対策教えて!「かくれ脱水」委員会は、2018年8月1日、セミナー『真夏の介護現場における高齢者の脱水対策セミナー』を東京・銀座にて開催する。 同委員会は、脱水状態および「かくれ脱水」に対する正しい知識および予防…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る