介護・福祉の最新ニュース

介護職をしていて嫌だと思うのは 人間関係

2017-11-14 07:00

介護職で良かったこと、嫌なことを調査
株式会社エス・エム・エスが、介護従事者203人に実施した「介護職をやっていて良かったこと、嫌なこと」の調査結果を公表した。同調査は11月11日の「介護の日」に因み、10月20日~11月6日にインターネット調査によって行われている。

良かったことはお礼や、利用者が回復したとき
「介護職をやっていて良かったと思うこと」(複数回答)、1位は“利用者・家族にお礼や嬉しい言葉を言われたとき”40%、2位は“利用者・家族から信頼されていると感じたとき”37%、3位“利用者が回復や状態が改善したとき”34%となった。

具体的なエピソードとして、「ここに母を入れて良かった」と家族に感謝された、普段暴言を吐く利用者が「ありがとう」と言ってくれた、担当した利用者が半年で要介護4から2まで状態が改善した等が挙げられている。

4位以下には“利用者の生活に寄り添えていると感じたとき”33%、“人の役に立っていると感じたとき”26%、“ケアに関する専門性、能力が上がったと思うとき”23%と続く。

嫌なのは人間関係が悪いこと、忙しいこと
「介護職をやっていて嫌なこと、つらいと思うこと」に対する回答は、“スタッフ間の連携・意思疎通があまりない、悪いと感じたとき”46%、“人間関係が悪い、うまくいかないと感じたとき”41%、“人員不足で忙しい、業務が過密”37%となった。次いで“給与が低い”33%、“法人の理念・運営法に不満を感じるとき”25%となっている。

責任者から嫌がらせをされた、いじめが多い、職場に派閥がある等の人間関係。昼休みがない、サービス残業がある、営利優先で現場を理解していない経営層等、嫌だと思うことが多く挙げられている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社エス・エム・エス プレスリリース
https://www.bm-sms.co.jp/prs_171109_ctresearch/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

脳活性化メゾットを体験するイベント「シナプソロジーフェスタ」開催

笑顔が生まれるプログラム株式会社ルネサンスは、同社が開発した脳活性化メソッド「シナプソロジー」のイベント「シナプソロジーフェスタ」を開催する。 シナプソロジーを知っている人も、初めての人でも、気軽に参加でき、気軽に楽しく参加することができ…

続きを見る

無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年2月号」を発刊

老人ホーム選びに失敗しない心得を伝授ザップは、1月17日、介護情報誌「あいらいふ 2018年2月号」を、1月25日(木)に発刊することを発表した。 主な内容紹介2月号では、前号に続いて、編集部が伝えたい11個の「見学準備のポイント」を掲載…

続きを見る

刻まない介護食「モバイルプラス やわら御膳」関東エリアでも提供開始

エリアを拡大して課題を解決日清医療食品は、1月10日、近畿エリアの施設にて提供してきた介護食「モバイルプラス やわら御膳」を、関東圏にも拡大して提供をスタートすることを発表した。 現在、多くの施設では、噛む力が弱い高齢者向けに、食事を細か…

続きを見る

業界初!ハンディキャッパーの夢を叶えるクルマが誕生

さらに進化した新型福祉車両ケイワークスは、1月10日、すべてのハンディキャッパーやその家族が「気軽に、安心して、思い立った時にすぐ」アクティブに行動するための、車椅子対応キャンピングカー、新型「Live」を開発したことを発表した。 革命的…

続きを見る

介護スタッフの負担を軽くする見守りサービス登場

富士通が介護事業所向けにサービスを拡充富士通は1月9日、遠隔見守りシステム「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE 居住者の見守りソリューション」のサービスを拡充し、1月下旬から提供を開始すると発表した。 …

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る