介護・福祉の最新ニュース

介護職をしていて嫌だと思うのは 人間関係

2017-11-14 07:00

介護職で良かったこと、嫌なことを調査
株式会社エス・エム・エスが、介護従事者203人に実施した「介護職をやっていて良かったこと、嫌なこと」の調査結果を公表した。同調査は11月11日の「介護の日」に因み、10月20日~11月6日にインターネット調査によって行われている。

良かったことはお礼や、利用者が回復したとき
「介護職をやっていて良かったと思うこと」(複数回答)、1位は“利用者・家族にお礼や嬉しい言葉を言われたとき”40%、2位は“利用者・家族から信頼されていると感じたとき”37%、3位“利用者が回復や状態が改善したとき”34%となった。

具体的なエピソードとして、「ここに母を入れて良かった」と家族に感謝された、普段暴言を吐く利用者が「ありがとう」と言ってくれた、担当した利用者が半年で要介護4から2まで状態が改善した等が挙げられている。

4位以下には“利用者の生活に寄り添えていると感じたとき”33%、“人の役に立っていると感じたとき”26%、“ケアに関する専門性、能力が上がったと思うとき”23%と続く。

嫌なのは人間関係が悪いこと、忙しいこと
「介護職をやっていて嫌なこと、つらいと思うこと」に対する回答は、“スタッフ間の連携・意思疎通があまりない、悪いと感じたとき”46%、“人間関係が悪い、うまくいかないと感じたとき”41%、“人員不足で忙しい、業務が過密”37%となった。次いで“給与が低い”33%、“法人の理念・運営法に不満を感じるとき”25%となっている。

責任者から嫌がらせをされた、いじめが多い、職場に派閥がある等の人間関係。昼休みがない、サービス残業がある、営利優先で現場を理解していない経営層等、嫌だと思うことが多く挙げられている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社エス・エム・エス プレスリリース
https://www.bm-sms.co.jp/prs_171109_ctresearch/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

介護現場の衛生維持に!空気触媒で抗菌・防臭する新機能シートが誕生

共有空間での快適性を実現凸版印刷は、11月20日、空気触媒を活用し、細菌や悪臭を予防する新しい機能性シートを開発したことを発表した。 なお、新製品は第一弾として、ダイアン・サービスが販売する空気触媒エアコンフィルター「AIR QUEST(…

続きを見る

ロボットメーカー発!車いすの常識を変える「RODEM」が誕生

既成概念にとらわれない新製品テムザックは、11月20日、車いすの常識を変えるロボット「RODEM(ロデム)」の販売受付をスタートしたことを発表した。 なお、この新製品は、11月29日(水)~12月2日(土)に東京ビッグサイトで開催される「…

続きを見る

「認知症を抱える人」が接客 「注文をまちがえる料理店」リリース

心あたたまるノンフィクションあさ出版は、11月15日、小国士朗著「注文をまちがえる料理店」を、11月10日(金)に発行したことを発表した。 接客は認知症の人「注文をまちがえる料理店」は、不思議であたたかい人たちが登場するレストランの物語。…

続きを見る

ノロスターシリーズ手指消毒用タイプ新発売

12月1日から発売株式会社ニイタカが、アルコール消毒薬が効きにくいと言われる、複数のノンエンベロープウイルスに効果があるアルコール消毒薬「Nスター」を12月1日に新発売する。同社の主力製品、ウイルス対応型アルコール系除菌剤「ノロスターシリー…

続きを見る

最高水準の看護サービス!「ポピンズナースケア」をスタート

顧客の声を反映した在宅型医療ケアポピンズは、11月14日、新しいタイプの訪問看護自費サービス「ポピンズナースケア」をスタートしたことを発表した。 この新サービスは、これまでポピンズのVIPケアサービスを利用していた顧客の、医療ケアに対する…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る