介護・福祉の最新ニュース

岡山県「介護記録怠り830万円不正受給」介護保険事業者の指定取消し

2017-12-08 04:00

和気の事業所、県指定を取り消し
岡山県は、医療法人渋藤医院(同県和気町)が開設する渋藤医院居宅介護支援事業所が、介護記録怠り830万円を不正受給していた。

これを受け、同県は、事業所指定を介護保険法に基づき、平成29年12月31日(日)付けで指定を取り消すと発表した。

記録を怠り不正受給
同県によると、同事業所は、平成24年4月から平成29年1月までの間、居宅サービス計画を作成する際に必要な利用者の同意を文書で得ないまま指定居宅介護支援を提供していた。

また、利用者53人、685件について、モニタリング(居宅サービス計画の実施状況の把握)の結果を記録していなかったなどの不正があった。

これらの不正請求は、長期間にわたり反復継続的に行っており、5年間で1,618件の介護給付費請求を行っていたが、そのうち730件が不正請求だった。同県では、不正請求額と加算金(40%)を含めた額について返還請求を行う。

利用者に不利益がおきないように
同県では、事業所指定の取り消しを受け、サービスの利用に支障が生じないよう事業者を指導するとともに、関係保険者(市町村)と協力し、利用者の意向を最大限尊重した上で、利用者が他の事業所に円滑に移行できるように進める。

(画像は岡山県ホームページより)


▼外部リンク

岡山県報道発表
http://www.pref.okayama.jp/

岡山県
http://www.pref.okayama.jp/


キーワード: 事件・事故

関連ニュース

「ニチイケアセンター袋井」にて「インフルエンザ感染症」が発生

介護事業所にて集団発生ニチイ学館は、1月16日、同社が運営する「ニチイケアセンター袋井」において、インフルエンザ感染症の集団発生が起きたことを発表した。 同施設は、静岡県袋井市に位置する通所介護事業所。施設定員は27名、職員数は31名にの…

続きを見る

虚偽記録提出で神戸市の介護事業所が指定取り消し

ヘルパー事業所の指定取消し処分訪問介護事業所「介護サービス ベスト倶楽部」は、虚偽の記録を提出し、介護報酬を不正に受け取っていたとして、神戸市は12月18日付で指定取り消し処分としたと発表した。 同市に不正に請求し、受領した額は約370万…

続きを見る

「SOMPOケア ラヴィーレ舟入」元介護職員が顧客の預金を不正に出…

広島市より行政処分SOMPOケアネクストは、12月15日、広島県広島市内に位置する介護付き有料老人ホーム「SOMPOケア ラヴィーレ舟入」が、広島市より行政処分を受けたことを発表した。 処分の内容今回の処分は、同社の元介護職員が、利用者の…

続きを見る

平成28年度「高齢者虐待の状況」を発表 福岡県

養介護施設従事者等による虐待は26件福岡県は、12月14日、平成28年度「高齢者虐待の状況」を公表した。 老人福祉施設、有料老人ホーム等の「養介護施設」及び居宅サービス事業所等の「養介護事業」の業務従事者による「虐待」と判断された件数は、…

続きを見る

夫婦で虐待 居宅介護支援事業所「オネスト」を処分 神戸市

妻のケアマネも一緒に経済的虐待神戸市は、9月15日、介護保険法に基づいて、居宅介護支援事業所「オネスト」の指定取り消し処分を行ったことを発表した。 この事業所の代表者とその妻で同じくこの事業所の管理者兼介護支援専門員(ケアマネジャー)は、…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る