介護・福祉の最新ニュース

アルツハイマー型認知症予防 「スペアミントのロスマリン酸」に期待大

2017-12-08 19:45

認知症予防への有効性を検証
わかさ生活は、12月7日、鳥取大学との共同研究「アミロイド線維形成抑制に働く天然物化合物の探索」を、学会にて発表したことを明らかにした。

認知症の中でも「アルツハイマー型認知症」患者は、およそ5割を占める。その主な原因は、脳内における「アミロイドベータ(Aβ)」タンパク質のアミロイド線維化。老人斑として脳に沈着することで脳神経細胞に対し毒性を示し、脳組織の萎縮や認知機能の低下を招くといわれている。

研究概要
両者は、今回の研究で、130種を超える素材や成分をピックアップ。

その中から、「ロスマリン酸」を多く含む米国産特別栽培種スペアミント素材をはじめとするポリフェノール素材について、アルツハイマー型認知症の原因であるAβタンパク質のアミロイド線維化に対する抑制作用を確認したという。

認知症患者数は1,000万人以上に
厚生労働省の調べによれば、2025年には認知症患者は約700万人、軽度認知障がい(MCI)患者数を加えると、約1,300万人が認知症を患う可能性がある。

同社は今後も、人々の健康に貢献する研究・開発を重ね、安全で高品質な商品を提供していく考えだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

わかさ生活 プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000366.000003821.html

わかさ生活 ホームページ
https://www.wakasa.jp/

鳥取大学 ホームページ
https://www.tottori-u.ac.jp/

キーワード: 総合

関連ニュース

ケアサービス「上海保原健康管理諮詢有限公司」が事業開始 中国

設立記念式典をホテルで開催ケアサービスは、1月12日、保集健康ホールディングスの上海地区を担当する「上海金盛隆養老服務有限公司」および「リブラ」とともに、3社で出資した合弁会社「上海保原健康管理諮詢有限公司」(以下、上海保原)の設立記念式典…

続きを見る

ケアサービスが合弁会社を設立 中国

中国にて顧客をさらに獲得ケアサービスは、11月24日、中国の上海金盛隆養老服務有限公司とリブラとの共同出資による新会社「上海保原健康管理諮詢有限公司(予定)」を、12月下旬を目途に設立することを発表した。 平成27年8月、ケアサービスでは…

続きを見る

世界初!介護者も助けるデジタルメディスン「エビリファイ マイサイト…

新しい価値を提供する製品が誕生大塚製薬は、11月14日、世界初のデジタルメディスン「エビリファイ マイサイト(Abilify MyCite(R))」が、米国FDAにて承認されたことを発表した。 3者間の円滑なコミュニケーションを促進「エビ…

続きを見る

市販の介護食利用者は約40%「介護にまつわる意識調査」の結果を発表

「介護の日」に向けた取り組みキユーピーは、11月8日、「介護にまつわる意識調査」の結果を発表した。 食事に関する困りごとを持つ人は約30%介護の必要な同居家族がいる人に対し、「介護にどの程度携わっているか」を尋ねたところ、「主に携わってい…

続きを見る

アルツハイマー型認知症に伴う行動障がい向け 「追加フェーズ3試験」…

さらに次のステップへ大塚製薬は、11月1日、抗精神病薬「ブレクスピプラゾール(一般名)」のアルツハイマー型認知症に伴う行動障がい(アジテーション)を対象とした「追加フェーズ3試験」を実施することを発表した。 過去の結果はいまひとつブレクス…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る