介護・福祉の最新ニュース

78歳の現役女性介護士を起用 「介護職員初任者研修」を開講

2017-12-14 16:15

中高年者の受講の励みに
ユノモは、12月13日、「78歳の現役女性介護士」をアドバイザーとして起用した「介護職員初任者研修」の水金コース(週2回全16回)を、2018年1月に開講することを発表した。

メリットは多数
介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)は、介護を行う際の最低限必要の考え方を理解し、実践して覚えていくことを目的とした資格。有資格者のメリットは、短時間から勤務可能であり、40歳以上からでも正社員になれる求人も多いうえ、60歳以上でも仕事が多数あることだ。

なお、この講座では、基礎を学ぶため、介護について知識がなくても大丈夫。介護の仕事をしたことがない人でも、基本的な介護業務を学ぶことができ、実技形式では、ベッドメイキングの方法から車いすの使い方等を習得できるという。

中高年でも介護の仕事はできる
同社は、介護業界と中高年の就業の課題解決に取り組んでおり、今回の介護職員初任者研修においても、あえて、78歳の現役の女性介護士をアドバイザーとして招き入れ、中高年者が介護職について自信をもって学べるようにした。

たとえ年齢が高くなったとしても、介護の仕事には、できる仕事がある。受講者には、介護の仕事の良さを、ぜひ実感してもらいたい考えだ。

(画像はユノモのホームページより)


▼外部リンク

ユノモ プレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/143658

ユノモ ホームページ
https://www.yunomo.com/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

無料体験型イベント「みえ福祉コレクション2018」今年も開催

みて、ふれて、感じる体験型イベントライフ・テクノサービスは、5月16日、介護・福祉に関する無料体験型イベント「みえ福祉コレクション2018」を開催することを発表した。 開催概要「みえ福祉コレクション2018」は、7月20日(金)と21日(…

続きを見る

介護人材を様々な視点から学ぶ 「介護福祉人材戦略シンポジウム」6月…

介護人材の確保および質的向上の具体策日本通所ケア研究会は、2018年6月10日、『介護福祉人材戦略シンポジウム』を東京の全国町村議員会館にて開催する。 同シンポジウムは、介護人材の確保および質的向上の具体策について、意見を述べ合い考える場…

続きを見る

WAKAFUKU代表 介護福祉の常識を覆す支援を5円でスタート

常識にとらわれないサポートを実施WAKAFUKUは、5月15日、介護保険に縛られた表面上のサポートではなく、本当に利用者が心から望むことをしたいという考えのもと、同代表自らが、賽銭だけで動く5円ヘルパーとして、1年かけて日本全国を回ることを…

続きを見る

『脳梗塞リハビリステーション仙台』6月にオープン

東北初となる施設株式会社よねきは、保険外のリハビリテーションサービスを提供するリハビリテーション施設『脳梗塞リハビリステーション仙台』を2018年6月4日にオープンする。 同施設は、脳梗塞後遺障がい患者を対象にリハビリテーションをマンツー…

続きを見る

高齢者福祉事業を担う学研ココファンが「地域包括ケアの街づくりセミナ…

代表・五郎丸徹氏が講師として参加株式会社学研ココファンは、2018年5月10日、一般社団法人 高齢者住宅推進機構などが5月下旬に開催する『地域包括ケアの街づくりセミナー』に協賛すると発表した。 学研ココファンは、株式会社学研ホールディング…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る