介護・福祉の最新ニュース

外国人介護職員 過去最多の277人 静岡県

2017-12-28 14:00

国籍ではフィリピンが最多
静岡県は12月26日、「平成29年度 外国人介護職員の就労状況調査結果」を公表した。

調査から県内161箇所の介護事業所が雇用している、外国人介護職員の数は前年度に比べ32人増加し、過去最多の277人であることがわかった。

国籍別の雇用状況をみると、最も多いのがフィリピンで112名。次いでブラジルの55名、ペルーの45名、中国の19名、韓国の15名と続いた。

外国人職員の課題は「読み書き」
介護施設を利用する人の、外国人介護職員に対する反応について尋ねたところ、「好意的なサービス利用者が多い」と感じている事業所は前年比で10ポイント上昇の85.1%だった。

これに対して「好意的なサービス利用者が少ない」と感じている事業所は、わずか1.9%にとどまっている。

また、外国人介護職員の雇用について事業所が感じている課題を尋ねたところ、最も多かったのが「読み書き」の51.6%。昨年度の61.8%に比べて、10ポイント低下している。

その一方で、「課題なし」と回答した事業者が昨年度の25.7%から9.1ポイント上昇の34.8%となっており、3割以上の事業所が課題を感じていないこともわかった。

(画像は、静岡県のホームページより)


▼外部リンク

静岡県のプレスリリース
http://www2.pref.shizuoka.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

介護職員向け「介護ロボットの体験実習」を開催 埼玉県

介護ロボット時代が到来埼玉県は、7月17日、介護施設のリーダーや介護職員の人などを対象に「介護ロボット導入・活用講習」を無料開催することを発表した。 開催概要「介護ロボット導入・活用講習」は、8月21日(火曜日)10時00分から16時00…

続きを見る

AI活用による自立支援・重度化防止の関係の検証

共同研究の継続AIを活用したケアマネジメント業務に関する共同研究をしてきた株式会社シーディーアイと愛知県豊橋市は、昨年度に続き、AIを活用することでケアマネジメント業務にどのような効果があるのか、自立支援・重度化防止の関係はどのようになるの…

続きを見る

優良介護事業所表彰(知事褒賞)候補事業所を募集 静岡県

介護人材確保への取り組み静岡県は、7月12日、働きやすく、働きがいのある職場環境づくりや利用者本位のサービス提供に積極的に取り組む県内の介護事業所を表彰する「平成30年度 静岡県優良介護事業所表彰(知事褒賞)」の表彰候補事業所を募集すること…

続きを見る

高齢者に向けた地域密着型暮らし応援サービス

生活をサポートNPO法人群馬福祉会が全国で初の試みである、高齢者に向けた初期費用完全無料の保証人サービスを2018年7月1日より開始した。 高齢者が過ごしやすい環境を従来の高齢者向け保証人サービスは、どの団体も入会する時に入会金・保証金・…

続きを見る

介護施設での看取りを考える研修会を開催 青森県

テーマは「介護の看取り“お迎えの心づもり”を考える」青森県は7月28日、介護施設での看取りに関する研修会を開催する。 「介護の看取り“お迎えの心づもり”を考える」をテーマに、看取りに携わる介護スタッフなどの資質向上を目的とした研修会である…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る