介護・福祉の最新ニュース

外国人介護職員 過去最多の277人 静岡県

2017-12-28 14:00

国籍ではフィリピンが最多
静岡県は12月26日、「平成29年度 外国人介護職員の就労状況調査結果」を公表した。

調査から県内161箇所の介護事業所が雇用している、外国人介護職員の数は前年度に比べ32人増加し、過去最多の277人であることがわかった。

国籍別の雇用状況をみると、最も多いのがフィリピンで112名。次いでブラジルの55名、ペルーの45名、中国の19名、韓国の15名と続いた。

外国人職員の課題は「読み書き」
介護施設を利用する人の、外国人介護職員に対する反応について尋ねたところ、「好意的なサービス利用者が多い」と感じている事業所は前年比で10ポイント上昇の85.1%だった。

これに対して「好意的なサービス利用者が少ない」と感じている事業所は、わずか1.9%にとどまっている。

また、外国人介護職員の雇用について事業所が感じている課題を尋ねたところ、最も多かったのが「読み書き」の51.6%。昨年度の61.8%に比べて、10ポイント低下している。

その一方で、「課題なし」と回答した事業者が昨年度の25.7%から9.1ポイント上昇の34.8%となっており、3割以上の事業所が課題を感じていないこともわかった。

(画像は、静岡県のホームページより)


▼外部リンク

静岡県のプレスリリース
http://www2.pref.shizuoka.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

正しい知識を持った認知症サポーターになろう

認知症サポーター養成講座2018年1月29日、ケア24永福は、認知症サポーター養成講座「事例を通して地域で考える認知症」を開催する。 認知症サポーター養成講座「事例を通して地域で考える認知症」は、午前10時より開始(午前11時30分に終了…

続きを見る

「ご当地体操」をテレビ番組で紹介 長野県

信州ACEプロジェクトの一環長野県は、1月15日、各地の「ご当地体操」が、NHK総合テレビ長野放送局「イブニング信州」のエクササイズコーナーで、1月30日(火)に紹介されることを発表した。 これは、健康づくり県民運動「信州ACE(エース)…

続きを見る

テレビ電話を活用したきめ細かな見守りサービス

見守りサービスをスタート2018年1月15日、株式会社iSEEDと株式会社i-Mage.は、静岡県西部地区において、見守りサービスを開始することを発表した。 この見守りサービスでは、株式会社iSEEDのIoT見守り機器である、パルモシリー…

続きを見る

フリフリグッパー体操など「物忘れ予防講座」開催 茨城県利根町

認知症と健康寿命を延ばす栄養について学ぶ講座茨城県利根町は2月9日、「第57回もの忘れ予防講座」を開催する。 利根町では認知症に関するもの忘れ予防講座を年3回開催している。第57回となる今回は「認知症」と、「健康寿命を延ばす栄養」について…

続きを見る

地域と行政が協力して見守るネットワーク

地域における要援護者の見守りネットワーク事業2018年1月9日、大阪市はホームページで、「地域における要援護者の見守りネットワーク事業」を紹介した。 「地域における要援護者の見守りネットワーク事業」では、城東区社会福祉協議会に「見守り相談…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る