介護・福祉の最新ニュース

県内初!「みまもりビーコン」のサービス提供を開始 宮城県

2018-01-02 01:00

徘徊防止のICTサービスを提供
OFF Lineは、12月28日、パルクシステム社が運営する仙台市内のサポート付き高齢者住宅「ルミナごふだいまち」に対し、「みまもりビーコン」の設置を完了し、サービス提供をスタートしたことを発表した。

同施設の入居者の全ては認知症ではなく、健常者も多くいる。同施設管理側は、入居者の在宅帰宅検知としても「みまもりビーコン」の利用が有効と考え、今回の本格導入を決めたとされる。

「みまもりビーコン」の概要
「みまもりビーコン」は、厚生労働省が定める福祉用具貸与及び介護福祉用貸与に係る福祉用具の種目のうち、「認知症老人徘徊感知機器」に該当する製品。介護保険レンタル対象機器の認定を取得している。

具体的には、認知症の人に同社の強みとするBLE技術を用いた独自開発のビーコンを持ってもらい、自宅または施設に設置した固定検知端末で検知することで、いままで実現の難しかった在宅、外出の検知を可能とした福祉用具だ。

導入拡大を目指す方針
認知症による徘徊などは日本社会が抱える社会問題。行方不明者が年間で1万人以上にものぼると推測され、早急なみまもりの対策が不可欠である。

同社にとって、今回のサービス導入は宮城県内初。今後、更なる導入拡大に努めていく予定だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

OFF Line プレスリリース(ドリームニュース)
http://www.dreamnews.jp/press/0000166278/

OFF Line ホームページ
http://off-line.co.jp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

認知症への理解を深めよう

認知症サポーター養成講座2018年9月11日、盛岡市は「認知症サポーター養成講座」を開催する。 「認知症サポーター養成講座」では、認知症の症状と診断、治療と予防など、基礎知識を学ぶ。認知症への理解を深めることで、認知症の人や家族、介護者の…

続きを見る

認知症の治療法「リコード法」を日本人向けにした1冊

最新認知症治療法株式会社主婦の友社は、日本における認知症研究の第一人者、白澤卓二医師が執筆した「Dr.白澤のアルツハイマー革命 ボケた脳がよみがえる」を2018年7月11日に出版した。 同書は、米国で9割が改善した認知症の治療法「リコード…

続きを見る

高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー開催 島根

7月17日に松江市で、7月18日には浜田市で開催有限会社 齋藤アルケン工業は、2018年7月27日、高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー『高齢者介護の性について考えよう』について、開催レポートを発表した。 同社は、介護事…

続きを見る

歩行分析から認知症の予防につなげる仕組みを開発

3社が共同開発ZEROBILLBANK JAPAN株式会社(ゼロビルバンク ジャパン)・沖電気工業株式会社・株式会社no new folk studio(ノーニューフォークスタジオ)の3社は、靴にセンサーや無線通信機能を組み込むことで歩行時…

続きを見る

「介護のしごとinまつど 合同就職相談会」8月8日開催 千葉・松戸

千葉県介護人材確保対策事業として開催千葉県松戸市は、2018年8月8日、『介護のしごとinまつど 合同就職相談会』を開催する。 同相談会は、千葉県介護人材確保対策事業として、松戸市特別養護老人ホーム連絡協議会が主催するもの。同市内に立地す…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る