介護・福祉の最新ニュース

ご当地アイドルと一緒に「あかぎ団と認知症について考えよう!」を開催 群馬県

2018-01-09 15:30

「認知症アンバサダー」が来場
群馬県は、1月5日、「認知症アンバサダー」となった、県のご当地アイドル「あかぎ団」によるイベント「あかぎ団と認知症について考えよう!」を開催することを発表した。

「あかぎ団」は、定期的に高齢者施設への慰問活動を実施するなど、社会貢献活動を実施。近年では、「認知症サポーター」としても活躍しており、県では昨年、「認知症アンバサダー」として任命したという。

ぐんまちゃんも応援に
このイベントは、1月21日(日)、1部を午前10時30分~、2部を午後1時30分~、「けやきウォーク前橋 1階けやきコート」にて、それぞれ開催。

当日は、あかぎ団と一緒に学ぼう~認知症の方の介護体験談から~のほか、あかぎ団による慰問の体験談、認知症サポーターに関するトークや、ライブ、各市町村による認知症疾患医療センター等の取り組みも紹介する。

なお、参加への事前申し込みや費用は、不要だ。

認知症は身近な病気
高齢化の進展を背景に、認知症の人の増加が見込まれ、2025年には、高齢者の20%が認知症になるといわれている。

県では、認知症を正しく理解し、認知症になっても安心して暮らせる、地域の支え合いの活動を推進中。このイベント開催を通じ、身近な病気である認知症について、是非とも一緒に考えてもらいたい考えだ。

(画像は群馬県のホームページより)


▼外部リンク

群馬県 プレスリリース
http://www.pref.gunma.jp/houdou/bf02_00009.html

キーワード: 地域

関連ニュース

高齢者に向けた地域密着型暮らし応援サービス

生活をサポートNPO法人群馬福祉会が全国で初の試みである、高齢者に向けた初期費用完全無料の保証人サービスを2018年7月1日より開始した。 高齢者が過ごしやすい環境を従来の高齢者向け保証人サービスは、どの団体も入会する時に入会金・保証金・…

続きを見る

介護施設での看取りを考える研修会を開催 青森県

テーマは「介護の看取り“お迎えの心づもり”を考える」青森県は7月28日、介護施設での看取りに関する研修会を開催する。 「介護の看取り“お迎えの心づもり”を考える」をテーマに、看取りに携わる介護スタッフなどの資質向上を目的とした研修会である…

続きを見る

「ケアマネジャー試験対策講座」の受講生を募集 山梨県

試験対策は就業支援センターで山梨県は、7月6日、甲府市塩部に位置する「山梨県立就業支援センター」が、平成30年度 就業支援センター能力開発セミナー「介護支援専門員(ケアマネジャー)試験対策講座」の受講生募集をスタートしたことを発表した。 …

続きを見る

「介護・医療・ふくし れいほくバスツアー・就職相談会」を開催 高知…

施設全体の雰囲気を味わえる企画高知県は、7月4日、れいほく地域での介護・医療・福祉の仕事に関心のある人を対象とした「介護・医療・ふくし れいほくバスツアー・就職相談会」を無料開催することを発表した。 開催概要「介護・医療・ふくし れいほく…

続きを見る

高齢者施設を開放 「涼やかスポット」を実施 京都府

在宅高齢者を徹底サポート京都府は、6月29日、在宅の高齢者などに冷房の効いた高齢者施設を無料で開放し、楽しく地域・世代交流してもらう「平成30年度 高齢者涼やかスポット設置事業」を、今年も実施することを発表した。 今年は171施設が参加「…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る