介護・福祉の最新ニュース

「徘徊 ママリン87歳の夏」の上映会を開催 養父市

2018-01-10 15:45

認知症を正しく理解
兵庫県養父市は、1月5日、認知症啓発映画「徘徊 ママリン87歳の夏」の上映会を開催することを発表した。

市では、認知症の人と家族の支援のために認知症カフェが市内5カ所で開催されている。今回のイベントは、その認知症カフェの関係者、すなわち介護者、ボランティア、スタッフ等が主体となって企画したものである。

開催概要
上映会は、1月27日(土)13時30分から15時30分、養父市ビバホールにて実施される。

この映画は、大阪北浜に住む高齢の母と自宅マンションでギャラリーを営む娘の物語で、認知症のため昼夜の区別なく徘徊する母と、それを見守る娘の生活を描いたドキュメンタリー映画。

近所の誰もが知っている二人の生活は、6年間におよび、この期間中に母親ママリンの歩いた距離は、大阪・東京3往復分にもなるという。

なお、鑑賞料金は500円。チケットは、映画「徘徊」上映実行委員会をはじめ、養父市社会福祉協議会等で購入できる。

認知症になっても安心して暮らせるまちづくり
認知症になってもできる限り住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けるためには、より多くの人の認知症の理解とサポートが不可欠。

市では、この機会にぜひ上映会に足を運んでもらいたい考えだ。

(画像は養父市のホームページより)


▼外部リンク

養父市 プレスリリース
http://www.city.yabu.hyogo.jp/item/15097.htm#ContentPane

認知症啓発映画「徘徊」チラシ
http://www.city.yabu.hyogo.jp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

認知症と向き合う「高齢期の豊かなくらしセミナー」開催

認知症の症状が出たらどう向き合うか朝日新聞厚生文化事業団は、高齢期の豊かなくらしセミナーを5月と9月に開催する。 5月のテーマは「認知症と向き合う~あなたが、家族が認知症になったら~」と題して高齢になれば誰にでも起こりうる、身近な病気の認…

続きを見る

テーマは在宅医療と介護「ケアニン」のスピンオフ企画で新映画を製作

劇場公開は来年映画「ピア」製作委員会は、4月23日、在宅医療と介護をテーマとした映画「ピア~まちをつなぐもの~」(仮題)を製作することを発表した。 この映画は、2017年6月に劇場公開された、介護福祉士を題材にした映画「ケアニン~あなたで…

続きを見る

医療・介護・福祉「働き方プレゼンピッチ」 大阪にて開催

元よしもと芸人の作業療法士が出演一般社団法人ワーシャルは、2018年5月16日、イベント『【第1回】医療・介護・福祉「働き方プレゼンピッチ」~社会的複業で社会が変わる!~』を大阪にて開催する。 同イベントは、医療・介護・福祉の現場で働く一…

続きを見る

【承認不要】介護施設など 事故を防止するスマートスイッチを開発

施設での転倒などを防止する株式会社ジェイエスピーは、病院・施設等での転倒・転落予防、徘徊予防等の対策装置である離床センサーの入れ忘れによる事故を防止するスマートスイッチ「moniswitch(モニスイッチ)」を開発した。 moniswit…

続きを見る

福祉と環境を融合「かざはやの里」にて「藤まつり」を開催

楽しく過ごせるイベント社会福祉法人 正寿会は、「藤まつり」を、4月21日(土)~5月13日(日)期間中毎日8:00~17:00、福祉と環境を融合した花園「かざはやの里」~かっぱのふるさと~にて開催する。 「藤まつり」の特色「かざはやの里」…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る