介護・福祉の最新ニュース

岡山大学病院が認知症関連の事件・事故などの公開講座を開催 岡山市

2018-01-11 17:45

ますます増える高齢者の認知症
岡山大学病院認知症疾患医療センターは3月3日、公開講座「認知症~医療と社会の現場から~」を開催する。

認知症患者は増え続けており、2025年には65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症になると推測されている。超高齢社会に伴う認知症患者の増加は社会的な問題になっており、治療や政府の対応などに関心が集まるなか、認知症患者が事件や事故の当事者になる可能性も考えられる。

そこで岡山大学病院では弁護士を講師に招き、法律の専門家の立場から認知症関連の事件・事故に関する講演を企画した。

さらに、薬剤師による新薬ができるまでの流れや認知症の新薬開発状況についての講演も行われる。

岡山大学病院では
この講演を通して、認知症について誰もが関わる身近なこととして考える機会になればと思います
(岡山大学のホームページより)

と述べ、多数の参加を呼びかけている。

参加申込みはFAXで
認知症疾患医療センター公開講座の開催日時は3月3日(土)、14時~16時(開場は13時30分)。会場は、岡山大学病院 マスカットキューブ3階(岡山市北区鹿田町2-5-1)。

参加費は無料。参加希望者は岡山大学病院のホームページから申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上、FAXにて申し込む。

申し込み・問い合わせ先は、岡山大学病院 医事課医療連携係。電話番号086-235-6499、FAX番号086-235-7613。

(画像は、岡山大学病院のホームページより)


▼外部リンク

認知症疾患医療センター公開講座「認知症~医療と社会の現場から~」開催のお知らせ
http://www.okayama-u.ac.jp/

キーワード:

関連ニュース

「ニチイケアセンター袋井」にて「インフルエンザ感染症」が発生

介護事業所にて集団発生ニチイ学館は、1月16日、同社が運営する「ニチイケアセンター袋井」において、インフルエンザ感染症の集団発生が起きたことを発表した。 同施設は、静岡県袋井市に位置する通所介護事業所。施設定員は27名、職員数は31名にの…

続きを見る

正しい知識を持った認知症サポーターになろう

認知症サポーター養成講座2018年1月29日、ケア24永福は、認知症サポーター養成講座「事例を通して地域で考える認知症」を開催する。 認知症サポーター養成講座「事例を通して地域で考える認知症」は、午前10時より開始(午前11時30分に終了…

続きを見る

脳活性化メゾットを体験するイベント「シナプソロジーフェスタ」開催

笑顔が生まれるプログラム株式会社ルネサンスは、同社が開発した脳活性化メソッド「シナプソロジー」のイベント「シナプソロジーフェスタ」を開催する。 シナプソロジーを知っている人も、初めての人でも、気軽に参加でき、気軽に楽しく参加することができ…

続きを見る

無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年2月号」を発刊

老人ホーム選びに失敗しない心得を伝授ザップは、1月17日、介護情報誌「あいらいふ 2018年2月号」を、1月25日(木)に発刊することを発表した。 主な内容紹介2月号では、前号に続いて、編集部が伝えたい11個の「見学準備のポイント」を掲載…

続きを見る

パーキンソン病患者に特化した「デイサービス」が誕生 岸和田市

パーキンソン病患者は増加傾向かなえるリンクは、1月17日、岸和田市西之内町に、パーキンソン病患者に特化した通所介護(以下、デイサービス)を、昨年9月1日にオープンしたことを発表した。 我が国のパーキンソン病患者は、10万人以上にのぼると推…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る