介護・福祉の最新ニュース

岡山大学病院が認知症関連の事件・事故などの公開講座を開催 岡山市

2018-01-11 17:45

ますます増える高齢者の認知症
岡山大学病院認知症疾患医療センターは3月3日、公開講座「認知症~医療と社会の現場から~」を開催する。

認知症患者は増え続けており、2025年には65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症になると推測されている。超高齢社会に伴う認知症患者の増加は社会的な問題になっており、治療や政府の対応などに関心が集まるなか、認知症患者が事件や事故の当事者になる可能性も考えられる。

そこで岡山大学病院では弁護士を講師に招き、法律の専門家の立場から認知症関連の事件・事故に関する講演を企画した。

さらに、薬剤師による新薬ができるまでの流れや認知症の新薬開発状況についての講演も行われる。

岡山大学病院では
この講演を通して、認知症について誰もが関わる身近なこととして考える機会になればと思います
(岡山大学のホームページより)

と述べ、多数の参加を呼びかけている。

参加申込みはFAXで
認知症疾患医療センター公開講座の開催日時は3月3日(土)、14時~16時(開場は13時30分)。会場は、岡山大学病院 マスカットキューブ3階(岡山市北区鹿田町2-5-1)。

参加費は無料。参加希望者は岡山大学病院のホームページから申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上、FAXにて申し込む。

申し込み・問い合わせ先は、岡山大学病院 医事課医療連携係。電話番号086-235-6499、FAX番号086-235-7613。

(画像は、岡山大学病院のホームページより)


▼外部リンク

認知症疾患医療センター公開講座「認知症~医療と社会の現場から~」開催のお知らせ
http://www.okayama-u.ac.jp/

キーワード:

関連ニュース

介護保険料の算定ミスで追加徴収 大阪市

減免算定を間違え大阪市は、6月20日、浪速区役所保健福祉課において、介護保険料の算定を誤り、介護保険料の追加徴収を発生させた事案が、2件あったことを明らかにした。 主な事由と経緯昨年12月20日、ある区民(以下、A氏)より、離職により収入…

続きを見る

中高生に発達障がいの理解を「二次障がいのない社会」

プロジェクトスタート株式会社メディカ出版と株式会社MedFeed(メドフィード)は共同運営する「Fanfare(ファンファーレ)」にて、和歌山県の中高生を対象にした、発達障がいの理解を広めるアイデアコンテスト「WAKA×YAMA SUMME…

続きを見る

東北大学病がアルツハイマー型認知症の治療法確立のため治験を実施

マウス実験で効果を確認東北大学病院は6月19日、世界初となるアルツハイマー型認知症に対する「超音波治療」の医師主導治験を行うと発表した。東北大学大学院 医学系研究科 循環器内科学分野の下川宏明教授らの研究グループが行うもの。 研究グループ…

続きを見る

無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年7月号」発刊

テーマは老人ホームの探し方ザップは、無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年7月号」を、6月28日(木)に発刊する。 今回も充実した内容を掲載「あいらいふ 2018年7月号」では、あなたにふさわしい「老人ホームの探し方」(前編)を特集する…

続きを見る

認知症に関する基礎知識の理解が進む 全日本民医連「認知症実践ハンド…

全国で展開されている取り組みも紹介全日本民主医療機関連合会(以下「全日本民医連」)は、2018年6月19日、『認知症実践ハンドブック』についてのプレスリリースを発表した。 このハンドブックは、今年3月、保健医療研究所より発行されたもの。認…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る