介護・福祉の最新ニュース

済生会横浜市東部病院が「認知症」市民講座を開催 横浜市

2018-01-12 01:00

認知症ついて正しく理解しよう
横浜市鶴見区の済生会横浜市東部病院は2月4日、「認知症」をテーマにした市民講座を開催する。

超高齢社会となった日本では、65歳以上の高齢者の7人に1人が認知症を発症している。今後も認知症患者は増え続けるとされており、政府の推計によると2025年には約700万人、5人に1人が認知症になる見込みだ。

大きな社会問題となっている認知症だが、正しい知識を持つことで冷静な判断や適切な対応ができるようになる。

そこで済生会横浜市東部病院では認知症の高齢者と介護者のための市民講座を企画した。

当日は済生会横浜市東部病院の専門医と老人看護専門看護師が、認知症についてわかりやすく解説する。

誰でも気軽に参加できる講座
「認知症」市民講座の開催日時は2月4日(日)、10時から(開場は9時30分)。会場は、済生会横浜市東部病院 3階多目的ホール(横浜市鶴見区下末吉3-6-1)。

参加費は無料、事前申し込みも不要。気軽に参加できる市民講座だ。

問い合わせ先は、済生会横浜市東部病院 地域医療連携室。電話番号は、045-576-3000。電話受付時間は9時から17時までとなっている。

(画像は、済生会横浜市東部病院のホームページより)


▼外部リンク

市民公開講座「認知症」- 済生会横浜市東部病院
http://www.tobu.saiseikai.or.jp/news_a/10095/

キーワード: 地域

関連ニュース

正しい知識を持った認知症サポーターになろう

認知症サポーター養成講座2018年1月29日、ケア24永福は、認知症サポーター養成講座「事例を通して地域で考える認知症」を開催する。 認知症サポーター養成講座「事例を通して地域で考える認知症」は、午前10時より開始(午前11時30分に終了…

続きを見る

「ご当地体操」をテレビ番組で紹介 長野県

信州ACEプロジェクトの一環長野県は、1月15日、各地の「ご当地体操」が、NHK総合テレビ長野放送局「イブニング信州」のエクササイズコーナーで、1月30日(火)に紹介されることを発表した。 これは、健康づくり県民運動「信州ACE(エース)…

続きを見る

テレビ電話を活用したきめ細かな見守りサービス

見守りサービスをスタート2018年1月15日、株式会社iSEEDと株式会社i-Mage.は、静岡県西部地区において、見守りサービスを開始することを発表した。 この見守りサービスでは、株式会社iSEEDのIoT見守り機器である、パルモシリー…

続きを見る

フリフリグッパー体操など「物忘れ予防講座」開催 茨城県利根町

認知症と健康寿命を延ばす栄養について学ぶ講座茨城県利根町は2月9日、「第57回もの忘れ予防講座」を開催する。 利根町では認知症に関するもの忘れ予防講座を年3回開催している。第57回となる今回は「認知症」と、「健康寿命を延ばす栄養」について…

続きを見る

地域と行政が協力して見守るネットワーク

地域における要援護者の見守りネットワーク事業2018年1月9日、大阪市はホームページで、「地域における要援護者の見守りネットワーク事業」を紹介した。 「地域における要援護者の見守りネットワーク事業」では、城東区社会福祉協議会に「見守り相談…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る