介護・福祉の最新ニュース

刻まない介護食「モバイルプラス やわら御膳」関東エリアでも提供開始

2018-01-12 15:45

エリアを拡大して課題を解決
日清医療食品は、1月10日、近畿エリアの施設にて提供してきた介護食「モバイルプラス やわら御膳」を、関東圏にも拡大して提供をスタートすることを発表した。

現在、多くの施設では、噛む力が弱い高齢者向けに、食事を細かく刻んだ食事を提供している。しかし、これらは、見た目も悪く、食べづらいうえ、誤嚥性肺炎の危険性も指摘されるなど、課題も挙げられているという。

革新的な介護食
「モバイルプラス やわら御膳」は、“刻まない”介護食「黒田式高齢者ソフト食」の理論を用い、調理法の工夫や各種測定による数値化により、安全に配慮された、新たな介護食のスタンダードと位置付けられる。

高齢者の「噛む力」を活かし、見た目にもこだわり、食材の「選び方」や「切り方」など、細部にわたって調理方法を追求したメニューは、京都府亀岡市に位置する同社のセントラルキッチンで集中調理されるため、各施設では「温める」「和える」「カットする」だけで、簡単に提供ができるという。

高齢者が安心して楽しめる食事を
今後、日本では、さらなる高齢化社会を迎えることになる。

同社は、これからも、高齢者が安全かつ安心に「楽しめる」食事の提供に努め、「モバイル プラスやわら御膳」の普及をより促進していく考えだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日清医療食品 プレスリリース
http://www.nifs.co.jp/archives/16679

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

認知症への理解を深めよう

認知症サポーター養成講座2018年9月11日、盛岡市は「認知症サポーター養成講座」を開催する。 「認知症サポーター養成講座」では、認知症の症状と診断、治療と予防など、基礎知識を学ぶ。認知症への理解を深めることで、認知症の人や家族、介護者の…

続きを見る

認知症の治療法「リコード法」を日本人向けにした1冊

最新認知症治療法株式会社主婦の友社は、日本における認知症研究の第一人者、白澤卓二医師が執筆した「Dr.白澤のアルツハイマー革命 ボケた脳がよみがえる」を2018年7月11日に出版した。 同書は、米国で9割が改善した認知症の治療法「リコード…

続きを見る

高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー開催 島根

7月17日に松江市で、7月18日には浜田市で開催有限会社 齋藤アルケン工業は、2018年7月27日、高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー『高齢者介護の性について考えよう』について、開催レポートを発表した。 同社は、介護事…

続きを見る

歩行分析から認知症の予防につなげる仕組みを開発

3社が共同開発ZEROBILLBANK JAPAN株式会社(ゼロビルバンク ジャパン)・沖電気工業株式会社・株式会社no new folk studio(ノーニューフォークスタジオ)の3社は、靴にセンサーや無線通信機能を組み込むことで歩行時…

続きを見る

「介護のしごとinまつど 合同就職相談会」8月8日開催 千葉・松戸

千葉県介護人材確保対策事業として開催千葉県松戸市は、2018年8月8日、『介護のしごとinまつど 合同就職相談会』を開催する。 同相談会は、千葉県介護人材確保対策事業として、松戸市特別養護老人ホーム連絡協議会が主催するもの。同市内に立地す…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る