介護・福祉の最新ニュース

地域と行政が協力して見守るネットワーク

2018-01-13 14:00

地域における要援護者の見守りネットワーク事業
2018年1月9日、大阪市はホームページで、「地域における要援護者の見守りネットワーク事業」を紹介した。

「地域における要援護者の見守りネットワーク事業」では、城東区社会福祉協議会に「見守り相談室」を設置して、要援護者情報(行政と地域が保有)を活用している。

見守り相談室
見守り相談室では、要援護者名簿の作成をつうじて、要援護者情報を収集、地域の見守りに活用している。

要援護者名簿は、対象者の同意を得た上で作成している(同意書の送付または、訪問による確認)。

地域社会と繋がりがない、要援護者やセルフネグストの状態にある人に対しては、ワーカーが専門的に対応する。

また、見守り相談室は、行方不明になった認知症高齢者などを、早期発見する為のサービスも提供している。

認知症高齢者などを事前登録しておくと、行方不明になった場合、情報(氏名や身体的特徴など)をメールなどで、協力者に配信する。

事前登録に関する問い合わせは、大阪市城東区社会福祉協議会(
大阪市城東区中央2-11-16、電話:06-6936-1131 、ファックス:06-6936-1154)で受け付けている。

要援護者へのサポートの重要性
少子高齢化の進む中、社会的孤立による孤立死が問題になっている。

こうした問題を解決する為にも、地域と行政が協力して、地域の社会資源のネットワークを強化することが重要である。

(画像は大阪市のホームページより)


▼外部リンク

大阪市
http://www.city.osaka.lg.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

「HEISEI KAIGO LEADERS」が目標金額達成

目標金額達成株式会社Join for Kaigoが運営する、介護に志を持つ若者の日本最大級のコミュニティ「HEISEI KAIGO LEADERS(へいせいかいごりーだーず)」は、国内最大のクラウドファンディングサービス「Readyfor(…

続きを見る

介護職員向け「介護ロボットの体験実習」を開催 埼玉県

介護ロボット時代が到来埼玉県は、7月17日、介護施設のリーダーや介護職員の人などを対象に「介護ロボット導入・活用講習」を無料開催することを発表した。 開催概要「介護ロボット導入・活用講習」は、8月21日(火曜日)10時00分から16時00…

続きを見る

AI活用による自立支援・重度化防止の関係の検証

共同研究の継続AIを活用したケアマネジメント業務に関する共同研究をしてきた株式会社シーディーアイと愛知県豊橋市は、昨年度に続き、AIを活用することでケアマネジメント業務にどのような効果があるのか、自立支援・重度化防止の関係はどのようになるの…

続きを見る

優良介護事業所表彰(知事褒賞)候補事業所を募集 静岡県

介護人材確保への取り組み静岡県は、7月12日、働きやすく、働きがいのある職場環境づくりや利用者本位のサービス提供に積極的に取り組む県内の介護事業所を表彰する「平成30年度 静岡県優良介護事業所表彰(知事褒賞)」の表彰候補事業所を募集すること…

続きを見る

高齢者に向けた地域密着型暮らし応援サービス

生活をサポートNPO法人群馬福祉会が全国で初の試みである、高齢者に向けた初期費用完全無料の保証人サービスを2018年7月1日より開始した。 高齢者が過ごしやすい環境を従来の高齢者向け保証人サービスは、どの団体も入会する時に入会金・保証金・…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る