介護・福祉の最新ニュース

認知症フレンドリーシティ・プロジェクトをスタート 福岡市

2018-02-07 17:45

「福岡100」の一環の取り組み
福岡市は、2月5日、人生100年時代を見据えた健寿社会のモデルをつくるプロジェクト「福岡100」の一環として、「認知症フレンドリーシティ・プロジェクト」を開始することを発表した。

プロジェクトの概要
このプロジェクト遂行にあたっては、やさしさを伝える認知症ケア技法である「ユマニチュード(R)」についての講習会を開催する。

また、認知症カフェの開設を促進し、認知症の人が安心して生活できる環境を整備するためのガイドラインを策定するとともに、物忘れなどが気になる人の自宅を訪問し、相談に対応する認知症サポートチーム(認知症初期集中支援チーム)を拡大。

さらに、「Fukuoka City LoRaWAN」に対応するGPS機器を活用した、認知症の人の見守り実証実験を行うほか、認知機能の簡易検査ができるタブレットを活用することで、早めの医療機関受診を促し、認知症の予防を進めていくという。

オール福岡でプロジェクトを推進
福岡市では、「福岡100」を“オール福岡”で推進中だ。

認知症にやさしいまちは、市民が安心して暮らせるまち。市では、この取り組みを通じ、一人ひとりのこころ豊かな「認知症フレンドリーシティ」にぜひともつなげたい考えだ。

(画像は福岡市のホームページより)


▼外部リンク

福岡市 プレスリリース
http://www.city.fukuoka.lg.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

介護の魅力を伝える番組や漫画を作成 宮崎県

介護を知ってもらう取り組み宮崎県では、将来の介護の担い手となる若者や地域の人々に、介護の仕事に対する理解を深めてもらうことを目的として、介護の魅力を伝える情報発信番組や、パンフレットを作成している。 介護の魅力がふんだんに盛り込まれた内容…

続きを見る

介護支援専門員実務研修受講試験の試験場などを発表 香川県

香川県ケアマネジャー試験を受験する人は要チェック香川県は5月15日、平成30年度の介護支援専門員実務研修受講試験についての詳細を公表した。 介護支援専門員(ケアマネジャー)になるための、第一関門となる試験で、試験に合格者は「介護支援専門員…

続きを見る

介護のストレスに負けそうな人のための講座 愛媛県

介護のイライラを心理学の手法で解消しよう愛媛県在宅介護研修センターが6月30日、6月講座を開催する。テーマは、「アンガ―マネジメントの基本を学ぶ~ストレス・イライラで潰れてしまわないうちに来てください!!~」。 介護にはストレスがつきもの…

続きを見る

認知症の人に優しいお店・事業所に「ステッカーまたはのぼり旗」を交付…

市の認定制度静岡県藤枝市では、認知症サポーター養成講座を受講した店・事業所を、「認知症の人に優しいお店・事業所」と認定し、認定証とステッカーまたはのぼり旗を交付している。 「認知症サポーター」とは、認知症の人とその家族の「応援者(サポータ…

続きを見る

「ロボット体験キャラバン」の活用施設を募集 神奈川県

生活支援ロボットの普及や導入を促進神奈川県は、5月7日、介護施設等でロボットを体験できる「ロボット体験キャラバン」と「生活支援ロボットのモニター制度」の今年度の活用施設等の募集をスタートすることを発表した。 様々な生活支援ロボットを体験「…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る