介護・福祉の最新ニュース

大王製紙「地域包括ケア医介連携研究会」を開催

2018-02-07 18:30

4月より介護保険制度が改定・施行
大王製紙は、2月6日、今年4月に実施される介護保険制度の改定・施行に伴い、地域包括ケアシステムにおける医療介護関係者の連携を充実させる仕組みの研究会「地域包括ケア医介連携研究会」を開催することを発表した。

開催概要
「地域包括ケア医介連携研究会」は、3月14日(水)13時、グランドプリンスホテル新高輪 「飛天」にて開催。

研究会では、65歳以上人口が総人口の30%となる「2025年問題」を取り上げ、在宅介護者を取り巻く今後の環境変化と実態について説明する。

また、在宅介護者に関わる医療介護従事者の連携や情報の共有不足といった問題を解消し、今後も増加する在宅介護者に、高品質な介護を提供していくことが可能な方法などを紹介。

さらに、諏訪中央病院名誉院長であり、「がんばらない介護生活を考える会」委員代表でもある鎌田實先生を講師に招き、先生が取り組んできた地域医療をもとに、これからの介護と地域包括ケアシステムのあり方についての特別講演を予定しているという。

ニーズに合った商品を開発
エリエールアテントブランドの大王製紙は、自宅介護の人からアクティブシニアに至るまで、多くの人々に快適な毎日を過ごしてもらえるよう、商品ラインナップを変更してきた。

今後も、時代のニーズに合ったサービスの提供に努めることで、より多くの人の快適な毎日をサポートしていく考えだ。

(画像は大王製紙のホームページより)


▼外部リンク

大王製紙 プレスリリース
http://www.daio-paper.co.jp/news/2018/pdf/n180206_3.pdf

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

無料体験型イベント「みえ福祉コレクション2018」今年も開催

みて、ふれて、感じる体験型イベントライフ・テクノサービスは、5月16日、介護・福祉に関する無料体験型イベント「みえ福祉コレクション2018」を開催することを発表した。 開催概要「みえ福祉コレクション2018」は、7月20日(金)と21日(…

続きを見る

介護人材を様々な視点から学ぶ 「介護福祉人材戦略シンポジウム」6月…

介護人材の確保および質的向上の具体策日本通所ケア研究会は、2018年6月10日、『介護福祉人材戦略シンポジウム』を東京の全国町村議員会館にて開催する。 同シンポジウムは、介護人材の確保および質的向上の具体策について、意見を述べ合い考える場…

続きを見る

WAKAFUKU代表 介護福祉の常識を覆す支援を5円でスタート

常識にとらわれないサポートを実施WAKAFUKUは、5月15日、介護保険に縛られた表面上のサポートではなく、本当に利用者が心から望むことをしたいという考えのもと、同代表自らが、賽銭だけで動く5円ヘルパーとして、1年かけて日本全国を回ることを…

続きを見る

『脳梗塞リハビリステーション仙台』6月にオープン

東北初となる施設株式会社よねきは、保険外のリハビリテーションサービスを提供するリハビリテーション施設『脳梗塞リハビリステーション仙台』を2018年6月4日にオープンする。 同施設は、脳梗塞後遺障がい患者を対象にリハビリテーションをマンツー…

続きを見る

高齢者福祉事業を担う学研ココファンが「地域包括ケアの街づくりセミナ…

代表・五郎丸徹氏が講師として参加株式会社学研ココファンは、2018年5月10日、一般社団法人 高齢者住宅推進機構などが5月下旬に開催する『地域包括ケアの街づくりセミナー』に協賛すると発表した。 学研ココファンは、株式会社学研ホールディング…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る