介護・福祉の最新ニュース

市内初!「ひの在宅医療・介護サービスフェア」を開催 日野市

2018-02-10 21:00

在宅医療を広く紹介
東京都日野市は、2月25日、「ひの在宅医療・介護サービスフェア」を入退場自由、入場料無料で開催する。

開催概要
「ひの在宅医療・介護サービスフェア」は、2月25日(日曜)午後1時から午後4時、イオンモール多摩平の森3階にて開催される。

当日は、「住み慣れた家で暮らし続けるために」と題した講演や、ドキュメンタリー映像「在宅医療を知っていますか?家で最期まで療養したい人に」の上映会を実施。

また、日頃市民からよく聞かれる質問や来場した人々の疑問に、日野市医師会所属の望月 諭氏をはじめとする専門職のパネリストがその場で答える、パネルディスカッションを行う。

さらに、介護ベッドや車いすを展示し、実際に体験もできるコーナーや、柔らかさや形態に配慮した介護食を試食できるコーナー、実際に在宅医療の現場で使用する機器を体験できるコーナーを設置するほか、来場者特典として、アンケートに協力した人に、プレゼントも用意するという。

市内初の取り組み
この在宅療養に関するイベントは、市で初めて実施。

市では、医療や介護のケアを受ける場所として、施設や病院以外にも、住み慣れた自宅(在宅)という選択肢があることを、このイベントを通じ、市民に広く知ってもらいたい考えだ。

(画像は日野市のホームページより)


▼外部リンク

日野市 プレスリリース
http://www.city.hino.lg.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

介護現場で頑張るあなたを応援!「電話相談窓口」を開設中 高知県

介護職員の悩みを相談できる場所高知県は、2月16日、同県介護福祉士会への委託により、「介護職員電話相談窓口」を開設中であることを発表した。 主な取り組み概要「介護職員電話相談窓口」では、豊富な介護の知識と現場経験を有する相談員が、業務内容…

続きを見る

介護者の負担を軽減できるケア技法

ユマニチュード(R)2018年2月14日、株式会社エクサウィザーズは「ユマニチュード(R)」を紹介した。 ケア技法「ユマニチュード(R)」とは、知覚や感情、言語による包括的なコミュニケーションをベースにしている。 「ユマニチュード(R)…

続きを見る

まずはできることから!「認知症サポーター養成講座」

認知症サポーター養成講座2018年2月27日、ケア24梅里は、家族介護教室「認知症サポーター養成講座」を開催する。 「認知症サポーター養成講座」は、認知症サポーターを養成することを目的とする。講師は「ケア24梅里」の職員が務める。 認知…

続きを見る

大阪読売防犯協力会と「高齢者にやさしい地域づくり推進協定」を締結 …

安心できる街づくり大阪府は、2月13日、認知症徘徊行動等による行方不明高齢者の早期発見・保護への協力や見守り等を通じた、高齢者にやさしい地域づくりの実現を目指し、大阪読売防犯協力会と、「高齢者にやさしい地域づくり推進協定」を締結したことを発…

続きを見る

県による認証制度「信州ふくにん」をスタート長野県

介護や福祉人材の確保に長野県は、2月13日、県内で介護保険サービス、障がい福祉サービス及び児童福祉サービスを運営する法人を対象に「信州福祉事業所認証・評価制度(略称、信州ふくにん)」をスタートすることを発表した。 制度の概要これは、介護や…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る