介護・福祉の最新ニュース

県による認証制度「信州ふくにん」をスタート長野県

2018-02-14 16:00

介護や福祉人材の確保に
長野県は、2月13日、県内で介護保険サービス、障がい福祉サービス及び児童福祉サービスを運営する法人を対象に「信州福祉事業所認証・評価制度(略称、信州ふくにん)」をスタートすることを発表した。

制度の概要
これは、介護や福祉事業者のイメージアップや優秀な人材の確保や定着につなげるための制度。キャリアパス構築や人材育成、職場環境の改善等の取り組みが一定以上の水準にある事業者を、知事が認証するものだ。

制度設計にあたっては、女性活躍の推進、ならびに利用者側からの視点を取り入れることで、多方面からの評価をできるようにしたという。

なお、県では、認証を取得した事業者向けに、認証マークを用意。福祉の事業所を調査して報告する戸隠忍者をコンセプトに、県と包括的連携協定を締結している岡学園トータルデザインアカデミーの学生が制作した。

長野県が初
今回のような、対象を福祉事業者に限った、県による認証制度は初めて。

認証を取得した事業者については、専用サイトでの情報発信、福祉人材養成校への周知等、県で広くPRを実施。また、県の福祉職員研修へ優先的に参加することも可能になる。

なお、県では、来年度以降、効果測定・改善等の取り組みを評価する項目を追加する「上位認証」の構築も計画中だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

長野県 プレスリリース
http://www.pref.nagano.lg.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

介護者の負担を軽減できるケア技法

ユマニチュード(R)2018年2月14日、株式会社エクサウィザーズは「ユマニチュード(R)」を紹介した。 ケア技法「ユマニチュード(R)」とは、知覚や感情、言語による包括的なコミュニケーションをベースにしている。 「ユマニチュード(R)…

続きを見る

まずはできることから!「認知症サポーター養成講座」

認知症サポーター養成講座2018年2月27日、ケア24梅里は、家族介護教室「認知症サポーター養成講座」を開催する。 「認知症サポーター養成講座」は、認知症サポーターを養成することを目的とする。講師は「ケア24梅里」の職員が務める。 認知…

続きを見る

大阪読売防犯協力会と「高齢者にやさしい地域づくり推進協定」を締結 …

安心できる街づくり大阪府は、2月13日、認知症徘徊行動等による行方不明高齢者の早期発見・保護への協力や見守り等を通じた、高齢者にやさしい地域づくりの実現を目指し、大阪読売防犯協力会と、「高齢者にやさしい地域づくり推進協定」を締結したことを発…

続きを見る

笑いながら楽しんで介護予防

笑いで免疫力アップ2018年3月1日、東京都葛飾区は介護予防教室 「笑いで免疫力アップ」を開催する。 「笑いで免疫力アップ」では、寄席をして笑いながら楽しむことで、脳の活性化と免疫力アップを図る。講師は落語家の、柳家喬の字(やなぎやきょう…

続きを見る

市内初!「ひの在宅医療・介護サービスフェア」を開催 日野市

在宅医療を広く紹介東京都日野市は、2月25日、「ひの在宅医療・介護サービスフェア」を入退場自由、入場料無料で開催する。 開催概要「ひの在宅医療・介護サービスフェア」は、2月25日(日曜)午後1時から午後4時、イオンモール多摩平の森3階にて…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る