介護・福祉の最新ニュース

「発見!認知症予防のカギは『睡眠』だ!」を開催 福岡市

2018-02-21 00:00

平成4年度から毎年講演会を実施
福岡市男女共同参画推進センター・アミカスは、2月16日、病気の知識や健康管理等について学ぶための講演会「発見!認知症予防のカギは『睡眠』だ!」を、南区医師会「区民と医師との会」との共同主催で開催することを発表した。

開催概要
この講演会は、3月24日(土)14:00~16:30、福岡市男女共同参画推進センター・アミカス 4階ホールにて実施。

当日は、久留米大学 副学長・医学部長である内村直尚氏を講師に招き、「認知症予防」と「睡眠」の関係について解説してもらう予定だ。

内村氏は、国内トップレベルの久留米大学睡眠医療チームを率いる睡眠研究の第一人者。主な著書に、「睡眠呼吸障がいへのチーム医療によるアプローチ」「眠らない、眠れない」「昼寝(午睡)のススメ 15分間の午睡で頭も体もリフレッシュ」などがある。

なお、講演会の後には、質疑応答の時間も設けるという。

先着順で150名
今回の講演会の参加対象は問わず、定員は150名。申し込み先着順で、費用は無料である。

なお、申し込み方法は、電話・FAX・Eメール・来館・アミカスホームページから、氏名・電話番号を連絡。また、託児を希望する人は、3月14日(水)までに予約が必要だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

福岡市男女共同参画推進センター・アミカス プレスリリース
http://www.city.fukuoka.lg.jp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

東北大学病がアルツハイマー型認知症の治療法確立のため治験を実施

マウス実験で効果を確認東北大学病院は6月19日、世界初となるアルツハイマー型認知症に対する「超音波治療」の医師主導治験を行うと発表した。東北大学大学院 医学系研究科 循環器内科学分野の下川宏明教授らの研究グループが行うもの。 研究グループ…

続きを見る

無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年7月号」発刊

テーマは老人ホームの探し方ザップは、無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年7月号」を、6月28日(木)に発刊する。 今回も充実した内容を掲載「あいらいふ 2018年7月号」では、あなたにふさわしい「老人ホームの探し方」(前編)を特集する…

続きを見る

認知症に関する基礎知識の理解が進む 全日本民医連「認知症実践ハンド…

全国で展開されている取り組みも紹介全日本民主医療機関連合会(以下「全日本民医連」)は、2018年6月19日、『認知症実践ハンドブック』についてのプレスリリースを発表した。 このハンドブックは、今年3月、保健医療研究所より発行されたもの。認…

続きを見る

プロトラブズの射出成形 介護・医療向け遠隔操作ロボット「OriHi…

「その人がそこにいるような感覚」を伝えるプロトラブズ合同会社は、2018年6月19日、介護・医療向け遠隔操作ロボット『OriHime』の最終製品パーツの製造において、同社の射出成形サービスが採用されたと発表した。 『OriHime』は、株…

続きを見る

障がい者のスポーツ体験 大阪市

障がい者スポーツ体験兵庫県を中心に運営する株式会社ITCのITCテニススクールは、2018年6月23日(土)に大阪市にあるITC靭(うつぼ)テニスセンターにて、「ITCパラスポーツフェスタ」を開催することを決定した。 全員が一緒に楽しめる…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る