介護・福祉の最新ニュース

介護士や看護師の味方!骨盤まわりをサポートする「ナチュアシスト」新発売

2018-03-08 11:00

機能的なインナーを開発
住友ゴム工業は、3月6日、同社グループの家庭・介護・健康用品の販売会社である「ダンロップホームプロダクツ」が、介護士や看護師など、立ち仕事や前傾姿勢になることが多い女性向けに、「ナチュアシスト」を開発したことを発表した。

介護現場では、人手不足が深刻さを増しており、医療や介護、福祉施設の整備だけでなく、現場で働く人へのサポートが不可欠。同社は、一般的なコルセットや骨盤ベルトの課題を解決し、現場の声に対応する商品を開発したという。

「ナチュアシスト」の概要
「ナチュアシスト」は、骨盤と骨盤まわりの筋肉をサポートする腰ベルトとテーピング一体型サポートインナーだ。

アウターに響きにくい薄手インナー設計を採用。薄さは腰ベルト部で約1.7ミリメートル、また一体型のためずれにくく、巻き直しが不要である。

また、天然ゴムを編み込んだ幅広メッシュベルトで骨盤をやわらかくしっかりホールドするほか、下腹部分に配置したパワーネットで腹筋を意識。伸縮素材のテーピングで骨盤まわりの筋肉をサポートするという。

3月16日より発売スタート
新商品は、3月16日より、全国のドラッグストアや介護用品販売店、オンラインストア「ダンロップホームプロダクツダイレクト」にて発売される。

なお、カラーはベージュ、サイズは2種類を用意。価格は、オープン価格だ。

(画像は住友ゴム工業のホームページより)


▼外部リンク

住友ゴム工業 プレスリリース
http://www.srigroup.co.jp/

ダンロップホームプロダクツ ホームページ
http://www.dhp-dunlop.co.jp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

認知症への理解を深めよう

認知症サポーター養成講座2018年9月11日、盛岡市は「認知症サポーター養成講座」を開催する。 「認知症サポーター養成講座」では、認知症の症状と診断、治療と予防など、基礎知識を学ぶ。認知症への理解を深めることで、認知症の人や家族、介護者の…

続きを見る

認知症の治療法「リコード法」を日本人向けにした1冊

最新認知症治療法株式会社主婦の友社は、日本における認知症研究の第一人者、白澤卓二医師が執筆した「Dr.白澤のアルツハイマー革命 ボケた脳がよみがえる」を2018年7月11日に出版した。 同書は、米国で9割が改善した認知症の治療法「リコード…

続きを見る

高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー開催 島根

7月17日に松江市で、7月18日には浜田市で開催有限会社 齋藤アルケン工業は、2018年7月27日、高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー『高齢者介護の性について考えよう』について、開催レポートを発表した。 同社は、介護事…

続きを見る

歩行分析から認知症の予防につなげる仕組みを開発

3社が共同開発ZEROBILLBANK JAPAN株式会社(ゼロビルバンク ジャパン)・沖電気工業株式会社・株式会社no new folk studio(ノーニューフォークスタジオ)の3社は、靴にセンサーや無線通信機能を組み込むことで歩行時…

続きを見る

「介護のしごとinまつど 合同就職相談会」8月8日開催 千葉・松戸

千葉県介護人材確保対策事業として開催千葉県松戸市は、2018年8月8日、『介護のしごとinまつど 合同就職相談会』を開催する。 同相談会は、千葉県介護人材確保対策事業として、松戸市特別養護老人ホーム連絡協議会が主催するもの。同市内に立地す…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る