介護・福祉の最新ニュース

豊富なデータを活用した予防医療サービス

2018-03-11 03:00

業務資本提携契約を締結
2018年3月5日、メドピア株式会社とスギホールディングス株式会社は、業務資本提携契約を締結した。

また、メドピア株式会社はスギホールディングス株式会社、株式会社Mediplatは株式会社スギ薬局(スギホールディングス株式会社の100%子会社)に対して、第三者割当を実施して、新株発行を行う。

セルフケアサービス
東名阪にて、1000店舗以上展開するスギ薬局グループは、400万人以上のアプリ会員数を誇る。スギ薬局グループでは、アプリと店舗を通じて、セルフケアサービス(医療や栄養相談、食生活改善プログラム等)を来店者等に提供している。

また、300人以上の店舗所属の管理栄養士による、健康データの測定とその結果を活用して、食と運動に焦点を当てた、予防医療領域サービスも提供している。

高齢化が進む日本では、医療費増大の課題も抱えており、医療も「病院完結型」から「地域完結型」へのシフトが政府によって、進められている。

医療も「病院完結型」から「地域完結型」へ
住み慣れた地域や自宅で最期を過ごすには、「在宅医療・在宅介護」や「予防医療」の推進は重要である。

また、地域包括ケアシステムを構築すると、地域において、医療や介護、予防の継続的な連携が可能になる。

(画像はメドピア株式会社のホームページより)


▼外部リンク

メドピア株式会社PRTIMES
https://prtimes.jp/main/

キーワード: 介護保険制度・政府

関連ニュース

3月審査分「介護給付費等実態調査月報」を発表 厚労省

受給者総数は約21万人減少厚生労働省は、5月30日、介護給付費等実態調査月報(平成30年3月審査分)を発表した。 全国の受給者総数は、介護予防サービスでは、71万1,400人、介護サービスでは421万2,900人となり、総計で492万4,…

続きを見る

2020年度末までに必要な介護人材216万人-厚生労働省

2025年度末には約245万人が必要厚生労働省は5月21日、第7期介護保険事業計画において、介護人材の必要数などの試算した結果を公表した。 厚生労働省では介護サービス計画として、2018年から2020年までは第7期、2021年から2023…

続きを見る

介護保険事業状況報告の概要(平成30年2月暫定版)を発表 厚労省

高齢者は49万人増厚生労働省は、5月11日、介護保険事業状況報告の概要(平成30年2月暫定版)を発表した。 2月末現在、第1号被保険者数は、3,484万人。昨年同時期が3,435万人であったため、年間49万人増加した結果となった。 結果…

続きを見る

日本の介護食品「スマイルケア食」を海外へ 農水省

会議は非公開にて実施農林水産省は、5月9日、同省第3特別会議室において、「スマイルケア食海外展開プロジェクト 第1回会合」を開催した。 これに先立ち同省は、「スマイルケア食」をはじめとする介護食品の輸出促進に向け、現地ニーズの把握、現地関…

続きを見る

最新版「介護給付費等実態調査月報」を発表 厚労省

受給者総数は約20万人減少厚生労働省は、4月27日、介護給付費等実態調査月報(平成30年2月審査分)を発表した。 全国の受給者総数は、介護予防サービスでは、73万5,000人、介護サービスでは423万3,700人となり、総計で496万8,…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る