介護・福祉の最新ニュース

ロングライフホールディングがジェトロのニューズレターにて紹介 中国

2018-03-20 00:00

テーマは高齢者産業
ロングライフホールディングは、3月16日、JETRO(日本貿易振興機構、以下、ジェトロ)が発行する「ジェトロ中国高齢者産業ニューズレター」 に、中国へ参入した企業として同社が紹介されたことを発表した。

ニューズレターの主な内容
このニューズレターは、ジェトロの在中国事務所が、急速に高齢化が進む中国における高齢者施設や在宅介護など、高齢者サービスに関連する政策動向や統計情報、 産業や企業動向などの情報を毎月発信している。

今回のニューズレターによれば、中国では、高級な養老・介護サービスを提供するハイエンド向けの老人ホーム需要が増加。

中国政府は、現在、入居のキャンセル待ちとなっている状況を鑑み、優れた外資企業の参入を奨励しており、同社がその事例として紹介されたという。

アジアの高齢化問題対策に貢献
同社は、海外進出第1弾として、リゾート地として知られる中国・青島市の高級住宅地開発地域に、中国初の本格有料老人ホームをオープン。

館内にはプールやフィットネスジム、24時間医師常駐のクリニックなどを併設したほか、スタッフの対応や食事メニューには、日本のきめ細やかなサービスを存分に取り入れた。

同社は33年にわたってケアサービスのノウハウを蓄積。今後も深刻化するアジアの高齢化問題対策に取り組む方針である。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ロングライフホールディング プレスリリース
http://www.j-longlife.co.jp/

キーワード: 総合

関連ニュース

認知症になる可能性を早期に発見する機械学習プログラム

認知症になる可能性がある人を早期発見2018年7月26日、ジョージ・アンド・ショーン合同会社は、認知症になる可能性がある人を早期発見できる、機械学習プログラムの実証実験の第1期終了を発表した。 ジョージ・アンド・ショーン合同会社が開発した…

続きを見る

早期アルツハイマー病が対象の「BAN2401」試験結果 米学会にて…

アルツハイマー病協会国際会議にて発表エーザイ株式会社および米バイオジェン社は、2018年7月26日、抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体「BAN2401」の臨床第2相試験における詳細結果を、アルツハイマー病協会国際会議(AAIC201…

続きを見る

次世代アルツハイマー病治療剤「elenbecestat」 試験結果…

アルツハイマー病協会国際会議にて発表エーザイ株式会社および米バイオジェン社は2018年7月26日、経口βサイト切断酵素(BACE)阻害剤「elenbecestat」の臨床第2相試験における詳細結果を、アルツハイマー病協会国際会議(AAIC2…

続きを見る

国立長寿医療研究センター アルツハイマー病に関する論文が国際科学雑…

『Human Genetics』誌に掲載国立研究開発法人 国立長寿医療研究センターは、2018年7月19日、同センター臨床ゲノム解析推進部・重水大智ユニット長が共著者を務めたアルツハイマー病に関する論文が、国際科学雑誌に掲載されたと発表した…

続きを見る

WWIP 日中医療・介護技術交流協会の運営業務を受託

介護のノウハウなどを中国にて提供株式会社ワールドワイド・アイピー・コンサルティングジャパン(以下「WWIP」)は、2018年7月19日、一般社団法人 日中医療・介護技術交流協会(以下「JCMC」)の運営業務を受託したと発表した。 WWIP…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る