介護・福祉の最新ニュース

高齢の嚥下障がい者向け「にぎらな寿司」を開発!「寿司」をおいしい介護食に

2018-04-04 16:15

世界初のメソッドを適用
さわらび会は、4月3日、高齢の嚥下障がい者が食を楽しめるように介護食を改善する「SAWARABI HAPPY FOOD PROJECT」をスタートし、第一弾として、分子調理メソッドを取り入れた記念日用介護食「にぎらな寿司」を開発したことを発表した。

「にぎらな寿司」の概要
新開発品は、3種類の鮨飯、9種類のネタ、3種類の調味料と薬味を、それぞれやわらかなムース状にし、スプーンに盛り付けた「にぎらない寿司」。

魚介類は白麹清酒を使用することで、生ぐささを抑え、酵素タブレットを使用することで、おかゆをさらさらのまま固めた。

また、わさび、ガリ、海苔などの香りのある素材をポイントとして使用することで、食欲をそそり、ジュレにすることで、より「おいしさ」を増すように工夫したほか、素材をそれぞれ調理し、スプーンに盛り合わせたことで、口中調味を実現し、よりおいしく食べられるようにしたという。

高齢者に食の喜びを提供
このプロジェクトでは、高齢者の栄養不足や過剰摂取の問題を改善するだけでなく、予防医療としての効果にも期待が寄せられている。

今後も、さわらび会では、より食の喜びを感じられる介護職の開発に取り組み、最終的には「おいしくてパーソナルな介護食」の実現を目指す方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

さわらび会 プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000030292.html

さわらびグループ ホームページ
https://sawarabigroup.jp/

キーワード: 介護事業者

関連ニュース

掲載件数500件「おうちで介護どっとこむ」をリリース

新メディア東京を中心に活躍するリゲルデザイン株式会社は、居住介護サービス提供事業者情報発信メディア「おうちで介護どっとこむ」をリリースした。 「おうちで介護どっとこむ」とは紙媒体だけでは情報が乏しく、更新できないデメリットがある。情報を載…

続きを見る

来春開設の東京リハビリテーションセンター世田谷 AI「モフトレ・コ…

「どの運動をどのくらいやれば良いか」を提案一般財団法人 脳神経疾患研究所附属 総合南東北病院は、2018年7月23日、同院が来春開設予定の『東京リハビリテーションセンター世田谷』において、レコメンドAI『モフトレ・コーチ』を導入すると発表し…

続きを見る

清風会「おとなの学校 岡山校」が七夕イベントを開催 岡山

笹と短冊を用意した七夕イベント社会医療法人清風会は、2018年7月23日、同法人が運営している老人保健施設『おとなの学校 岡山校』において実施した七夕イベントの報告レポートを発表した。 『おとなの学校 岡山校』は、学校形式の取り組みで利用…

続きを見る

障がい者就労支援センターが人気メニューを新開発

行列のできる店舗に成長NSGグループは、7月19日、「製麺工房ドリーム本店」が、地元企業や病院と連携し、「地産地消」「低カロリーヘルシー」などの新メニューを開発したことを発表した。 「製麺工房ドリーム本店」は、2013年10月にオープン。…

続きを見る

高齢者介護を身近に感じさせる「マスコットキャラクター」を募集

幅広いアイデアに期待NSGグループの「はあとふるあたご」は、会社への親しみや、高齢者介護への親近感を持ってもらいという願いから、マスコットキャラクターを募集中である。 高齢者の介護を身近にマスコットキャラクターの応募資格は、プロアマ・地域…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る