介護・福祉の最新ニュース

人々との触れ合いで成長する「aibo(アイボ)」

2018-04-12 20:00

自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」
2018年4月6日、ソニー・ライフケア株式会社は、自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」を介護付有料老人ホーム等に導入したことを発表した。

今回、「aibo」が導入された、介護付有料老人ホーム等は、ライフケアデザイン株式会社とプラウドライフ株式会社が運営している。ライフケアデザイン株式会社とプラウドライフ株式会社は、ソニー・ライフケア株式会社の傘下企業である。

愛らしい姿
丸みを帯びた、愛らしい姿の「aibo」は、生命感と質感にもあふれており、人の目を惹きつける。くるくると動く、「aibo」の瞳には2枚のOLEDを採用、多彩な感情を繊細に表現することを実現した。

ソニー・ライフケア株式会社が開発した、超小型1軸・2軸アクチュエーターを、「aibo」のボディ22ヶ所に使用することで、滑らか且つ、柔らかい身体の駆動を可能にした。

多彩なセンサー
最新テクノロジーが集結した、「aibo」は、オーナーの状況に合わせて、能動的に働きかける。オーナーの動き(優しい言葉や、笑顔、頭や背中をなでられたこと等)を感じ取り、オーナーが喜ぶことを学んでいく。

「aibo」は多彩なセンサーのほか、魚眼カメラを使用した地図作成(SLAM)技術も搭載している。また、ソニーが培ったディープラーニング技術により、画像や音声を認識、解析することも可能だ。

「aibo」が更にすごいのは、人々との触れ合いをつうじて、変化する点だ。「aibo」はソニー独自のAI技術により、クラウドと連携できる。オーナーとのやり取りは、データとして収集して、クラウド上のAIが集合知として蓄積、aiboを個性的に成長させる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ソニー・ライフケア株式会社PRTIMES
https://prtimes.jp/

キーワード: 総合

関連ニュース

認知症になる可能性を早期に発見する機械学習プログラム

認知症になる可能性がある人を早期発見2018年7月26日、ジョージ・アンド・ショーン合同会社は、認知症になる可能性がある人を早期発見できる、機械学習プログラムの実証実験の第1期終了を発表した。 ジョージ・アンド・ショーン合同会社が開発した…

続きを見る

早期アルツハイマー病が対象の「BAN2401」試験結果 米学会にて…

アルツハイマー病協会国際会議にて発表エーザイ株式会社および米バイオジェン社は、2018年7月26日、抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体「BAN2401」の臨床第2相試験における詳細結果を、アルツハイマー病協会国際会議(AAIC201…

続きを見る

次世代アルツハイマー病治療剤「elenbecestat」 試験結果…

アルツハイマー病協会国際会議にて発表エーザイ株式会社および米バイオジェン社は2018年7月26日、経口βサイト切断酵素(BACE)阻害剤「elenbecestat」の臨床第2相試験における詳細結果を、アルツハイマー病協会国際会議(AAIC2…

続きを見る

国立長寿医療研究センター アルツハイマー病に関する論文が国際科学雑…

『Human Genetics』誌に掲載国立研究開発法人 国立長寿医療研究センターは、2018年7月19日、同センター臨床ゲノム解析推進部・重水大智ユニット長が共著者を務めたアルツハイマー病に関する論文が、国際科学雑誌に掲載されたと発表した…

続きを見る

WWIP 日中医療・介護技術交流協会の運営業務を受託

介護のノウハウなどを中国にて提供株式会社ワールドワイド・アイピー・コンサルティングジャパン(以下「WWIP」)は、2018年7月19日、一般社団法人 日中医療・介護技術交流協会(以下「JCMC」)の運営業務を受託したと発表した。 WWIP…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る