介護・福祉の最新ニュース

神奈川県と横浜F・マリノスが認知症改善プログラムを開催 神奈川県

2018-04-17 17:00

「お孫さんと一緒にサッカー教室」を開催
神奈川県とJリーグの横浜F・マリノスは4月13日、共同で認知症未病改善プログラムを実施すると発表した。プロのスポーツクラブによる認知症発症リスクの軽減を目的とした取り組みは、全国で初の試み。

認知症高齢者は平成37年には全国で約700万人、神奈川県でも約45万人に達する予想されている。そこで横浜県と横浜F・マリノスは、高齢者の認知症リスクを軽減させる試みとして、お年寄りが孫と一緒に参加する「お孫さんと一緒にサッカー教室 ~楽しく認知症未病改善~」の開催を決定した。

申し込み締め切り日は4月30日
認知症未病改善プログラム「お孫さんと一緒にサッカー教室 ~楽しく認知症未病改善~」では高齢者とその孫がペアで参加して、認知症予防のため運動やサッカーなどを行うほか、認知機能の改善効果の測定も実施する。

認知症未病改善プログラムは、半年間にわたって継続的に行われる。第1回の実施日は5月12日(土)の予定だ。会場はイオン横浜新吉田店屋上にある、マリノストリコロールパーク新吉田(横浜市港北区新吉田東8-49-1)。

参加費は無料。参加希望者は4月30日(月)までに、横浜F・マリノスのホームページから応募する。

応募などに関する問い合わせ先は、横浜マリノス株式会社 ふれあい事業部(電話:045-285-0675)。なお、プログラムなど詳細は、神奈川県又は横浜F・マリノスのホームページで確認できる。

(画像は、神奈川県のホームページより)


▼外部リンク

神奈川県のプレスリリース
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/cz6/prs/r1901160.html

キーワード: 地域

関連ニュース

優しいケアを実現「ノーリフティングケアセミナー」を開催 高知県

ケアの質を向上高知県は、5月17日、「平成30年度ノーリフティングケアセミナー」を無料開催することを発表した。 県では、平成26年度から、福祉機器等の導入支援や研修支援等の様々な取り組みを実施。介護職員が安心して長く働くことができる魅力あ…

続きを見る

介護の魅力を伝える番組や漫画を作成 宮崎県

介護を知ってもらう取り組み宮崎県では、将来の介護の担い手となる若者や地域の人々に、介護の仕事に対する理解を深めてもらうことを目的として、介護の魅力を伝える情報発信番組や、パンフレットを作成している。 介護の魅力がふんだんに盛り込まれた内容…

続きを見る

介護支援専門員実務研修受講試験の試験場などを発表 香川県

香川県ケアマネジャー試験を受験する人は要チェック香川県は5月15日、平成30年度の介護支援専門員実務研修受講試験についての詳細を公表した。 介護支援専門員(ケアマネジャー)になるための、第一関門となる試験で、試験に合格者は「介護支援専門員…

続きを見る

介護のストレスに負けそうな人のための講座 愛媛県

介護のイライラを心理学の手法で解消しよう愛媛県在宅介護研修センターが6月30日、6月講座を開催する。テーマは、「アンガ―マネジメントの基本を学ぶ~ストレス・イライラで潰れてしまわないうちに来てください!!~」。 介護にはストレスがつきもの…

続きを見る

認知症の人に優しいお店・事業所に「ステッカーまたはのぼり旗」を交付…

市の認定制度静岡県藤枝市では、認知症サポーター養成講座を受講した店・事業所を、「認知症の人に優しいお店・事業所」と認定し、認定証とステッカーまたはのぼり旗を交付している。 「認知症サポーター」とは、認知症の人とその家族の「応援者(サポータ…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る