介護・福祉の最新ニュース

高齢者と介護者を守る!「誤嚥対応ダイニングチェア」の販売をスタート

2018-05-09 20:00

介護ロボット超の機能を搭載
体具開発研究協会は、5月8日、高齢者自立支援型誤嚥対応ダイニングチェア「体具研の誤嚥対応椅子」を、6月19日より販売開始することを発表した。

ダイニングチェアの特徴
このダイニングチェアは、飲食時に飲み込みづらく、むせることが多くなった高齢者と、その高齢者を介護する人双方に有益な椅子である。

具体的には、骨盤をサポートすることで、むせにくいとされる前かがみの食事姿勢を維持し、食べ物や飲み物を楽に飲み込むための食事姿勢を保つだけでなく、理想的な「ごっくん」という動作や排痰まで優しく補い助ける機能を搭載。

また、食事中の疲労を軽減し、上半身の前後移動といった効率の良い食事中の動作を補助するうえ、筋力の衰え続けている高齢者の着席時の衝撃を優しく受け止める。

一方、介護者にとっては、食事を見守り介助する手間の省略化、心身のストレスの軽減につながることで、介護環境の改善を図ることができるという。

椅子が自立支援を後押し
現在、介護現場では、介護職員不足のみならず、高齢者の誤嚥や誤嚥性肺炎の急増が大きな社会問題となっている。介護者における「嚥下機能訓練」が積極的に推進されているものの、高齢者の誤嚥や誤嚥性肺炎は増加しているのが現状だ。

体具開発研究協会では、自立支援型の飲食介助機能を持つダイニング椅子の導入が、高齢者の健康寿命延伸、ひいては、介護職員の定着化に貢献してくれるものと期待を寄せている。

(画像は体具開発研究協会のホームページより)


▼外部リンク

体具開発研究協会 プレスリリース(ValuePress!)
https://www.value-press.com/pressrelease/201185

体具開発研究協会 ホームページ
http://www.taiguken.com/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

おしゃれ感も 介護経験者のアイデアで制作された尿バック用オリジナル…

日本理美容福祉協会札幌センターが制作ノーリエ合同会社は、2018年5月23日、介護経験者のアイデアをもとに商品化したという尿バック用オリジナルカバーについてのプレスリリースを発表した。 同商品は、同社内の日本理美容福祉協会札幌センターがハ…

続きを見る

クラウドケア 介護保険外サービスの利用動向調査を実施

訪問介護サービスを提供している企業株式会社クラウドケアは、『シェアリングエコノミー型の介護保険外サービスの利用動向調査(訪問介護)』を実施し、その結果概要を2018年5月22日に発表した。 同社は、シェアリングエコノミー型の訪問介護サービ…

続きを見る

フィリピン人EPA介護士の介護福祉士国家試験合格を徹底サポート

低迷する合格率を改善一般社団法人外国人介護職員支援センターは、5月17日、フィリピン人EPA介護士の介護福祉士国家試験合格率を高める支援として、Eラーニングの提供をスタートすることを発表した。 考えられる原因今年1月に実施された、第30回…

続きを見る

無料体験型イベント「みえ福祉コレクション2018」今年も開催

みて、ふれて、感じる体験型イベントライフ・テクノサービスは、5月16日、介護・福祉に関する無料体験型イベント「みえ福祉コレクション2018」を開催することを発表した。 開催概要「みえ福祉コレクション2018」は、7月20日(金)と21日(…

続きを見る

介護人材を様々な視点から学ぶ 「介護福祉人材戦略シンポジウム」6月…

介護人材の確保および質的向上の具体策日本通所ケア研究会は、2018年6月10日、『介護福祉人材戦略シンポジウム』を東京の全国町村議員会館にて開催する。 同シンポジウムは、介護人材の確保および質的向上の具体策について、意見を述べ合い考える場…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る