介護・福祉の最新ニュース

フィリピン人EPA介護士の介護福祉士国家試験合格を徹底サポート

2018-05-22 12:00

低迷する合格率を改善
一般社団法人外国人介護職員支援センターは、5月17日、フィリピン人EPA介護士の介護福祉士国家試験合格率を高める支援として、Eラーニングの提供をスタートすることを発表した。

考えられる原因
今年1月に実施された、第30回介護福祉士国家試験におけるインドネシア人EPA介護士の合格率は43.2%、ベトナム人は93.7%と高い一方、フィリピン人は38.4%という結果に終わった。

その主な理由の一つとして、フィリピン人は、日本において、英語やタガログ語の使用頻度が高いことから、漢字での専門用語が多く含まれる試験勉強が苦手であることが挙げられる。

また、母国において、自宅学習やオンライン学習という経験が少ないこともあり、試験勉強に必要な復習のリズムを作ることが難しいのだという。

なんとかして合格を
今後、同センターでは、来日して間もないフィリピン人EPA介護士に対し、在日フィリピン人介護職たちと一緒に、勉強へのモチベーションを維持できる方法を模索しながら、サポートを拡大していく考えだ。

そのまず一歩として、試験を100点満点で合格する学習方法ではなく、少なくとも60%以上の正解率に達して合格する方法を指導していきたいとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

一般社団法人外国人介護職員支援センター プレスリリース(ドリームニュース)
http://www.dreamnews.jp/press/0000173926/

一般社団法人外国人介護職員支援センター ホームページ
http://caregiverjapan.org/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

東北大学病がアルツハイマー型認知症の治療法確立のため治験を実施

マウス実験で効果を確認東北大学病院は6月19日、世界初となるアルツハイマー型認知症に対する「超音波治療」の医師主導治験を行うと発表した。東北大学大学院 医学系研究科 循環器内科学分野の下川宏明教授らの研究グループが行うもの。 研究グループ…

続きを見る

無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年7月号」発刊

テーマは老人ホームの探し方ザップは、無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年7月号」を、6月28日(木)に発刊する。 今回も充実した内容を掲載「あいらいふ 2018年7月号」では、あなたにふさわしい「老人ホームの探し方」(前編)を特集する…

続きを見る

認知症に関する基礎知識の理解が進む 全日本民医連「認知症実践ハンド…

全国で展開されている取り組みも紹介全日本民主医療機関連合会(以下「全日本民医連」)は、2018年6月19日、『認知症実践ハンドブック』についてのプレスリリースを発表した。 このハンドブックは、今年3月、保健医療研究所より発行されたもの。認…

続きを見る

プロトラブズの射出成形 介護・医療向け遠隔操作ロボット「OriHi…

「その人がそこにいるような感覚」を伝えるプロトラブズ合同会社は、2018年6月19日、介護・医療向け遠隔操作ロボット『OriHime』の最終製品パーツの製造において、同社の射出成形サービスが採用されたと発表した。 『OriHime』は、株…

続きを見る

障がい者のスポーツ体験 大阪市

障がい者スポーツ体験兵庫県を中心に運営する株式会社ITCのITCテニススクールは、2018年6月23日(土)に大阪市にあるITC靭(うつぼ)テニスセンターにて、「ITCパラスポーツフェスタ」を開催することを決定した。 全員が一緒に楽しめる…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る