介護・福祉の最新ニュース

おしゃれ感も 介護経験者のアイデアで制作された尿バック用オリジナルカバー販売中

2018-05-24 20:00

日本理美容福祉協会札幌センターが制作
ノーリエ合同会社は、2018年5月23日、介護経験者のアイデアをもとに商品化したという尿バック用オリジナルカバーについてのプレスリリースを発表した。

同商品は、同社内の日本理美容福祉協会札幌センターがハンドメイドで制作したという、布製のウロバック用バックカバー。耐久性や機能性と共に、おしゃれ感にもこだわったものとなっている。

鮮やかなデザイン、おしゃれに持ち運びもできる
ウロバックは、厚みのあるビニール袋のようなものであり、尿を溜めておくために用いられる。中身が尿であるため、恥ずかしい思いをする人は多く、薄いカバーを取り付けるなど工夫を施す人も少なくない。ウロバックを持ちながら外出を行う場合、見えないようにするための配慮や工夫がさらに必要となる。

介護者向けに訪問理美容を提供している日本理美容福祉協会札幌センターは、こうしたニーズに対応すべくウロバック用バックカバーの制作を行った。丈夫さと機能性を重視しながらも、人目を気にしない鮮やかな4種類のデザインを実現。また、おしゃれに持ち運びもできるよう「肩掛けベルト」「取っ手」「カギづめフック」が装着されている。

『UB工房』での限定販売
日本理美容福祉協会札幌センターは、老人ホーム・ディサービスの利用者などを対象とする訪問理美容サービスや、訪問理美容サービス利用者を対象とする介護保険適用外の生活支援サービスなどを展開している。「地域に密着した良質な総合サービス」をキーワードとして、便利な訪問理美容を目指しているという。

尿バック用オリジナルカバーは、サイト『UB工房』での限定販売となっている。

(画像は日本理美容福祉協会札幌センターの公式ホームページより)


▼外部リンク

札幌センター - 日本理美容福祉協会
http://www.f-npo.org/sapporo/

尿バック用オリジナルカバー【袋タイプ】 - UB工房
https://ribi.theshop.jp/items/11199390

尿バック用オリジナルカバー - プレスリリースゼロ
http://pressrelease-zero.jp/archives/128250

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

東北大学病がアルツハイマー型認知症の治療法確立のため治験を実施

マウス実験で効果を確認東北大学病院は6月19日、世界初となるアルツハイマー型認知症に対する「超音波治療」の医師主導治験を行うと発表した。東北大学大学院 医学系研究科 循環器内科学分野の下川宏明教授らの研究グループが行うもの。 研究グループ…

続きを見る

無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年7月号」発刊

テーマは老人ホームの探し方ザップは、無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年7月号」を、6月28日(木)に発刊する。 今回も充実した内容を掲載「あいらいふ 2018年7月号」では、あなたにふさわしい「老人ホームの探し方」(前編)を特集する…

続きを見る

認知症に関する基礎知識の理解が進む 全日本民医連「認知症実践ハンド…

全国で展開されている取り組みも紹介全日本民主医療機関連合会(以下「全日本民医連」)は、2018年6月19日、『認知症実践ハンドブック』についてのプレスリリースを発表した。 このハンドブックは、今年3月、保健医療研究所より発行されたもの。認…

続きを見る

プロトラブズの射出成形 介護・医療向け遠隔操作ロボット「OriHi…

「その人がそこにいるような感覚」を伝えるプロトラブズ合同会社は、2018年6月19日、介護・医療向け遠隔操作ロボット『OriHime』の最終製品パーツの製造において、同社の射出成形サービスが採用されたと発表した。 『OriHime』は、株…

続きを見る

障がい者のスポーツ体験 大阪市

障がい者スポーツ体験兵庫県を中心に運営する株式会社ITCのITCテニススクールは、2018年6月23日(土)に大阪市にあるITC靭(うつぼ)テニスセンターにて、「ITCパラスポーツフェスタ」を開催することを決定した。 全員が一緒に楽しめる…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る