介護・福祉の最新ニュース

おしゃれ感も 介護経験者のアイデアで制作された尿バック用オリジナルカバー販売中

2018-05-24 20:00

日本理美容福祉協会札幌センターが制作
ノーリエ合同会社は、2018年5月23日、介護経験者のアイデアをもとに商品化したという尿バック用オリジナルカバーについてのプレスリリースを発表した。

同商品は、同社内の日本理美容福祉協会札幌センターがハンドメイドで制作したという、布製のウロバック用バックカバー。耐久性や機能性と共に、おしゃれ感にもこだわったものとなっている。

鮮やかなデザイン、おしゃれに持ち運びもできる
ウロバックは、厚みのあるビニール袋のようなものであり、尿を溜めておくために用いられる。中身が尿であるため、恥ずかしい思いをする人は多く、薄いカバーを取り付けるなど工夫を施す人も少なくない。ウロバックを持ちながら外出を行う場合、見えないようにするための配慮や工夫がさらに必要となる。

介護者向けに訪問理美容を提供している日本理美容福祉協会札幌センターは、こうしたニーズに対応すべくウロバック用バックカバーの制作を行った。丈夫さと機能性を重視しながらも、人目を気にしない鮮やかな4種類のデザインを実現。また、おしゃれに持ち運びもできるよう「肩掛けベルト」「取っ手」「カギづめフック」が装着されている。

『UB工房』での限定販売
日本理美容福祉協会札幌センターは、老人ホーム・ディサービスの利用者などを対象とする訪問理美容サービスや、訪問理美容サービス利用者を対象とする介護保険適用外の生活支援サービスなどを展開している。「地域に密着した良質な総合サービス」をキーワードとして、便利な訪問理美容を目指しているという。

尿バック用オリジナルカバーは、サイト『UB工房』での限定販売となっている。

(画像は日本理美容福祉協会札幌センターの公式ホームページより)


▼外部リンク

札幌センター - 日本理美容福祉協会
http://www.f-npo.org/sapporo/

尿バック用オリジナルカバー【袋タイプ】 - UB工房
https://ribi.theshop.jp/items/11199390

尿バック用オリジナルカバー - プレスリリースゼロ
http://pressrelease-zero.jp/archives/128250

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

認知症への理解を深めよう

認知症サポーター養成講座2018年9月11日、盛岡市は「認知症サポーター養成講座」を開催する。 「認知症サポーター養成講座」では、認知症の症状と診断、治療と予防など、基礎知識を学ぶ。認知症への理解を深めることで、認知症の人や家族、介護者の…

続きを見る

認知症の治療法「リコード法」を日本人向けにした1冊

最新認知症治療法株式会社主婦の友社は、日本における認知症研究の第一人者、白澤卓二医師が執筆した「Dr.白澤のアルツハイマー革命 ボケた脳がよみがえる」を2018年7月11日に出版した。 同書は、米国で9割が改善した認知症の治療法「リコード…

続きを見る

高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー開催 島根

7月17日に松江市で、7月18日には浜田市で開催有限会社 齋藤アルケン工業は、2018年7月27日、高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー『高齢者介護の性について考えよう』について、開催レポートを発表した。 同社は、介護事…

続きを見る

歩行分析から認知症の予防につなげる仕組みを開発

3社が共同開発ZEROBILLBANK JAPAN株式会社(ゼロビルバンク ジャパン)・沖電気工業株式会社・株式会社no new folk studio(ノーニューフォークスタジオ)の3社は、靴にセンサーや無線通信機能を組み込むことで歩行時…

続きを見る

「介護のしごとinまつど 合同就職相談会」8月8日開催 千葉・松戸

千葉県介護人材確保対策事業として開催千葉県松戸市は、2018年8月8日、『介護のしごとinまつど 合同就職相談会』を開催する。 同相談会は、千葉県介護人材確保対策事業として、松戸市特別養護老人ホーム連絡協議会が主催するもの。同市内に立地す…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る