介護・福祉の最新ニュース

「介護ロボット導入調査検証事業」の結果を発表 宮崎県

2018-05-25 00:00

介護ロボットの有効性に期待
宮崎県は、5月23日、「平成29年度介護ロボット導入調査検証事業の結果報告」を発表した。

県では、高齢者の自立支援や介護者の負担軽減を図るため、介護ロボットを県内12の介護施設に試験的に導入。4機種の介護ロボットの運用効果を探ったという。

結果の概要
SASUKE(移乗アシスト)の操作方法については、「操作しやすい」「まあまあ操作しやすい」と回答した割合が27.8%。移乗の労力については、「まあまあ軽減した」と回答した割合が38.9%だった。

ケアロボ(見守り)の操作方法については、「少し操作しにくい」「とても操作しにくい」と回答した割合が50.0%にのぼり、主な理由としては、「持ち運びに不便」「画像確認に時間を要した」といった意見があげられた。

ラップポン(排泄)の操作方法については、「操作しやすい」「まあまあ操作しやすい」と回答した割合が75.0%。介護職の負担軽減については、「とても軽減した」「まあまあ軽減した」と回答した割合が61.3%だった。

メンタルコミットロボットパロ(コミュニケーション) については、施設利用者にとって、プラスの感情が増えたかを尋ねたところ、「かなり思う」「少し思う」と回答した割合が73.8%にのぼったという。

介護職員の労働環境を改善
高齢化社会を背景に、要介護高齢者の増加など、介護ニーズがまずます増大することが見込まれる。

県では、今回の事業を通じ、介護職員には介護ロボットの性能や運転技術を知ってもらいたい考えだ。また、介護職員の業務負担軽減への有効性を検証することで、今後の労働環境の改善につなげたいとしている。

(画像は宮崎県のホームページより)


▼外部リンク

宮崎県 プレスリリース
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/

キーワード: 地域

関連ニュース

中高生に発達障がいの理解を「二次障がいのない社会」

プロジェクトスタート株式会社メディカ出版と株式会社MedFeed(メドフィード)は共同運営する「Fanfare(ファンファーレ)」にて、和歌山県の中高生を対象にした、発達障がいの理解を広めるアイデアコンテスト「WAKA×YAMA SUMME…

続きを見る

身体拘束ゼロセミナーを開催 滋賀県

介護から身体拘束を撲滅するためのセミナー滋賀県と滋賀県社会福祉協議会が、「身体拘束ゼロセミナー」を開催する。 認知症ケアではやむを得ず身体拘束を行う場合があるが、これは人間としての尊厳を傷つける行為である。介護を受ける高齢者がその人らしく…

続きを見る

市内全27の郵便局が「高齢者見守りネットワーク推進事業」に協力 寝…

9事業者目の協力事業者は郵便局大阪府寝屋川市は、6月15日、市内にある全27の郵便局と「高齢者見守りネットワーク推進事業」に関する連携協定を、6月4日に締結したことを発表した。 市が初めて同協定を締結したのは、平成26年10月1日。水道検…

続きを見る

「介護職員のための相談窓口」をさらに充実 高知県

現場で頑張る介護職員を応援高知県は、6月13日、「介護職員電話相談窓口」にて、今年度より面談による相談を追加で実施することを発表した。 県では、昨年6月から、同相談窓口を開設中だ。これまで、業務内容や職場の人間関係など、仕事に関する悩みや…

続きを見る

キラッと輝く取り組みを募集!「おおさか介護かがやき表彰」を実施

介護人材を確保大阪府は、6月11日、第1回「おおさか介護かがやき表彰」を実施することを発表した。 府では、介護保険事業所が実施しているキラッと輝く取り組みを表彰し、表彰事業所での介護人材の定着、育成等の促進を目指したいとしている。 また…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る