介護・福祉の最新ニュース

ソフィアメディが31カ所目の「訪問看護ステーション」をスタート 川崎市

2018-05-30 22:00

在宅医療ニーズに対応
ソフィアメディは、5月29日、川崎市幸区に「ソフィア訪問看護ステーション元住吉分室 鹿島田」を、6月1日にオープンすることを発表した。

2駅利用可の好立地
「ソフィア訪問看護ステーション元住吉分室 鹿島田」は、JR南武線「鹿島田」駅から徒歩2分、JR横須賀線「新川崎」駅から徒歩6分と、利便性のある好立地に新設。訪問エリアは、JR川崎駅以西、JR新川崎駅周辺の川崎市平間・小倉・矢向・古市場界隈だ。

まずは、「ソフィア訪問看護ステーション元住吉」のサテライトとしてスタート。8月には基準を満たした「指定訪問看護ステーション」として、24時間、精神疾患の人への対応体制を整備する計画である。

ステーションはすべて地域密着型
同社は、東京城南地区で、訪問看護シェアナンバーワン。新ステーションでは、同社グループの連携を図ることで、利用者が安心して活用でき、多様な要望にも柔軟に対応できる看護・リハビリを目指す考えだ。

なお、同社にとって、川崎市では、高津区のステーション溝口、中原区のステーション元住吉に続く3カ所目のオープンとなり、同社運営の訪問看護ステーションは、今回の新設で全31カ所となった。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ソフィアメディ プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000022105.html

ソフィアメディ ホームページ
http://www.sophiamedi.co.jp/

キーワード: 介護事業者

関連ニュース

高齢者介護を身近に感じさせる「マスコットキャラクター」を募集

幅広いアイデアに期待NSGグループの「はあとふるあたご」は、会社への親しみや、高齢者介護への親近感を持ってもらいという願いから、マスコットキャラクターを募集中である。 高齢者の介護を身近にマスコットキャラクターの応募資格は、プロアマ・地域…

続きを見る

障がいをもつ子どものための学童保育オープン 横浜市

7事業所目開設ウォーターワン株式会社のグループ、ウォーターワンデイサービス株式会社が運営する「もえぎのクローバー」を、待機児童や入所需要が高い神奈川県横浜市南区エリアに、2018年7月1日(日)に7事業所目をオープンした。 放課後等デイサ…

続きを見る

さわやか俱楽部 被災した要介護者の無償受け入れをスタート

被災した高齢者を積極的にサポートウチヤマホールディングスは、7月9日、主要連結子会社である「さわやか俱楽部」が、台風7号及び西日本を中心とした記録的豪雨で被災した、要介護認定を受けている高齢者の人々の一時避難先として、同社の介護施設へ無償に…

続きを見る

ライクケアネクストが介護付き有料老人ホームを開設 横浜市

介護施設を新設介護関連のサービス事業を運営するライクケアネクスト株式会社は、2018年7月1日に介護付き有料老人ホーム「フェリエ ドゥ 磯子」を神奈川県横浜市に開設した。 入居者に安心なサポート「フェリエ ドゥ 磯子」は24時間体制の看護…

続きを見る

ケアパートナーが訪問介護事業所「大和・ヘルパーステーション」をオー…

4施設目の訪問介護事業所ケアパートナーは、7月1日、神奈川県大和市にて、訪問介護事業所「大和・ヘルパーステーション」をオープンした。 同社にとって今回の訪問介護事業所のオープンは4施設目。介護事業所としては、通所介護事業所77カ所、訪問介…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る