介護・福祉の最新ニュース

車いすインストラクター講習(初級)を6月開催 岩手県

2018-06-07 07:00

多くの車いすインストラクターを
一般社団法人日本車いすインストラクター協会は、一般社団法人コ・イノベーション研究所主催のもと、車いすユーザーが社会に広く参加できるように2018年6月23日(土)・24日(日)の2日間、車いす操作を指導するインストラクターの養成講習を岩手県盛岡市で実施することを決定した。

車いすインストラクター講習(初級)とは?
車いすインストラクターとは、平地などで使用する基本的な車いすの操作技術やその指導法の習得を目的としたものである。医療、福祉関係者はもちろん車いすの操作を指導したい人やその家族も参加できる。

受講料は43,200円(税込)で事前振り込みかカード決済(申込時に詳細あり)で支払う。過去に同講習の講師が実施した「車いす操作の指導法」を受講し、修了書を持っている人は受講料が32,400円に割引される。

講習の必要性
講習を受けることによって適切な車いすや操作法を知り、車いすユーザーの生活範囲を広げることが目的だ。現在、医療や教育などの専門家の養成課程で、車いすの操作や指導法を学ぶ機会はほとんどない。

そんな中、車いすユーザーは十分な操作スキルがないまま日常生活に戻ることになる。今まででの生活範囲は大きく制限され、国内の研究で自殺率が一般より多いと報告されている。

そのため短期間の入院生活の間に車いすを正しく指導できる人材の育成が急務になっている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

一般社団法人コ・イノベーション研究所
http://www.coil.or.jp/2018/05/24/event_20180524/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

東北大学病がアルツハイマー型認知症の治療法確立のため治験を実施

マウス実験で効果を確認東北大学病院は6月19日、世界初となるアルツハイマー型認知症に対する「超音波治療」の医師主導治験を行うと発表した。東北大学大学院 医学系研究科 循環器内科学分野の下川宏明教授らの研究グループが行うもの。 研究グループ…

続きを見る

無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年7月号」発刊

テーマは老人ホームの探し方ザップは、無料の介護情報誌「あいらいふ 2018年7月号」を、6月28日(木)に発刊する。 今回も充実した内容を掲載「あいらいふ 2018年7月号」では、あなたにふさわしい「老人ホームの探し方」(前編)を特集する…

続きを見る

認知症に関する基礎知識の理解が進む 全日本民医連「認知症実践ハンド…

全国で展開されている取り組みも紹介全日本民主医療機関連合会(以下「全日本民医連」)は、2018年6月19日、『認知症実践ハンドブック』についてのプレスリリースを発表した。 このハンドブックは、今年3月、保健医療研究所より発行されたもの。認…

続きを見る

プロトラブズの射出成形 介護・医療向け遠隔操作ロボット「OriHi…

「その人がそこにいるような感覚」を伝えるプロトラブズ合同会社は、2018年6月19日、介護・医療向け遠隔操作ロボット『OriHime』の最終製品パーツの製造において、同社の射出成形サービスが採用されたと発表した。 『OriHime』は、株…

続きを見る

障がい者のスポーツ体験 大阪市

障がい者スポーツ体験兵庫県を中心に運営する株式会社ITCのITCテニススクールは、2018年6月23日(土)に大阪市にあるITC靭(うつぼ)テニスセンターにて、「ITCパラスポーツフェスタ」を開催することを決定した。 全員が一緒に楽しめる…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る