介護・福祉の最新ニュース

雨にも汚れにも強くて軽い 訪問介護現場特化型バック「トート・リュック」発売

2018-06-07 13:00

インナーバッグ『バッグイン』も発売
フットマーク株式会社は、2018年6月15日、訪問介護現場での使用に特化したバッグ『トート・リュック』およびインナーバッグ『バッグイン』を発売する。

同社は、介護用品メーカー。『トート・リュック』は、リュックにもトートにもなる2WAYバッグであり、雨にも汚れにも強く、また移動に最適化すべく軽量化も実現したというもの。

トート式とリュック式の機能を兼ね備えた
現状においても、「ヘルパー向けの専用バッグ」と称する商品はいくつか市販されている。しかし、フットマークが実施したヒアリングによると、「専用バッグ」を使用している人はほぼいないことが明らかになった。理由としては、「価格が高い」「もっと欲しい機能がある」という声が上がったという。

普段から多くの荷物を持ち歩くヘルパーが、バッグに対して最初に求める機能は、収納力になる。都内のヘルパーは、自転車で移動することが多いため、自転車のかごに入れられる大きさもまた重要なポイントとして加わる。移動が主として自動車となる地方のことも考慮する形で、フットマークはバッグの開発を推進。トート式とリュック式の機能を兼ね備えた2WAY式の『トート・リュック』開発に至ったという。

485gという軽量化を実現
『トート・リュック』は、必要な部分にのみ吸収材の中綿を使用し、ジョイントの部分は外側に樹脂を採用したことで、485gという軽量化を実現。また、急な雨でも持ち物が濡れないよう、撥水生地と防水ファスナーを採用している。

なお、同時発売される『バッグイン』は、『トート・リュック』に内蔵できるインナーバッグ。「利用者の書類を、個別に整理して収納したい」という声から、開発されたという。

『トート・リュック』は、税込み希望小売価格4644円。『バッグイン』は、税込み希望小売価格2484円となっている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

“訪問介護現場専用”の移動する人のための軽量バッグ「トート・リュック」を発売 - フットマーク株式会社
http://www.footmark.co.jp/news/id001716.html

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

認知症への理解を深めよう

認知症サポーター養成講座2018年9月11日、盛岡市は「認知症サポーター養成講座」を開催する。 「認知症サポーター養成講座」では、認知症の症状と診断、治療と予防など、基礎知識を学ぶ。認知症への理解を深めることで、認知症の人や家族、介護者の…

続きを見る

認知症の治療法「リコード法」を日本人向けにした1冊

最新認知症治療法株式会社主婦の友社は、日本における認知症研究の第一人者、白澤卓二医師が執筆した「Dr.白澤のアルツハイマー革命 ボケた脳がよみがえる」を2018年7月11日に出版した。 同書は、米国で9割が改善した認知症の治療法「リコード…

続きを見る

高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー開催 島根

7月17日に松江市で、7月18日には浜田市で開催有限会社 齋藤アルケン工業は、2018年7月27日、高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー『高齢者介護の性について考えよう』について、開催レポートを発表した。 同社は、介護事…

続きを見る

歩行分析から認知症の予防につなげる仕組みを開発

3社が共同開発ZEROBILLBANK JAPAN株式会社(ゼロビルバンク ジャパン)・沖電気工業株式会社・株式会社no new folk studio(ノーニューフォークスタジオ)の3社は、靴にセンサーや無線通信機能を組み込むことで歩行時…

続きを見る

「介護のしごとinまつど 合同就職相談会」8月8日開催 千葉・松戸

千葉県介護人材確保対策事業として開催千葉県松戸市は、2018年8月8日、『介護のしごとinまつど 合同就職相談会』を開催する。 同相談会は、千葉県介護人材確保対策事業として、松戸市特別養護老人ホーム連絡協議会が主催するもの。同市内に立地す…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る