介護・福祉の最新ニュース

幻冬舎「訪問看護師という生き方」を5月31日発売

2018-06-07 18:00

訪問看護師の需要急増
株式会社幻冬舎のグループである、株式会社幻冬舎メディアコンサルティングは、昨今の訪問看護師の需要が急増していることから生まれた「訪問看護師の生き方」を5月31日に発売した。

患者に寄り添った看護
訪問看護師とは病院等に勤務するのではなく、医療サービスを提供するため患者の自宅などに出向く看護師のことだ。

自宅で看護を受けることは病院とは違ったメリットがある。病院では24時間いつでも医師や看護師からケアを受けることができるが、他人と同室という点で遠慮や気を使ってしまうことが多い。だが自宅ではリラックスして自然体で看護を受けることができる。

そういった点で昨今、急増している訪問看護の魅力やキャリアアップについて、この本は丁寧に解説をしている。

著者が気づいた患者に寄り添った看護「患者が自然体で看護を受けられる」を実現することが可能な訪問看護の魅力を知ることができる。

著者について
著者「森元陽子」は岩手県出身の看護師。結婚を機に一度は看護の仕事から離れるも、パートタイムとして現場に復帰。24時間対応できない現場に悩んでいると、東日本大震災が発生した。

これをきっかけに訪問看護ステーションを開業し「自分にできることは何か」を考え、看護学校の講師など多岐に活躍。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社幻冬舎メディアコンサルティング
https://www.gentosha-mc.com/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

認知症への理解を深めよう

認知症サポーター養成講座2018年9月11日、盛岡市は「認知症サポーター養成講座」を開催する。 「認知症サポーター養成講座」では、認知症の症状と診断、治療と予防など、基礎知識を学ぶ。認知症への理解を深めることで、認知症の人や家族、介護者の…

続きを見る

認知症の治療法「リコード法」を日本人向けにした1冊

最新認知症治療法株式会社主婦の友社は、日本における認知症研究の第一人者、白澤卓二医師が執筆した「Dr.白澤のアルツハイマー革命 ボケた脳がよみがえる」を2018年7月11日に出版した。 同書は、米国で9割が改善した認知症の治療法「リコード…

続きを見る

高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー開催 島根

7月17日に松江市で、7月18日には浜田市で開催有限会社 齋藤アルケン工業は、2018年7月27日、高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー『高齢者介護の性について考えよう』について、開催レポートを発表した。 同社は、介護事…

続きを見る

歩行分析から認知症の予防につなげる仕組みを開発

3社が共同開発ZEROBILLBANK JAPAN株式会社(ゼロビルバンク ジャパン)・沖電気工業株式会社・株式会社no new folk studio(ノーニューフォークスタジオ)の3社は、靴にセンサーや無線通信機能を組み込むことで歩行時…

続きを見る

「介護のしごとinまつど 合同就職相談会」8月8日開催 千葉・松戸

千葉県介護人材確保対策事業として開催千葉県松戸市は、2018年8月8日、『介護のしごとinまつど 合同就職相談会』を開催する。 同相談会は、千葉県介護人材確保対策事業として、松戸市特別養護老人ホーム連絡協議会が主催するもの。同市内に立地す…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る