介護・福祉の最新ニュース

言語リハビリサービス「ハナセル」に名称決定し提供開始

2018-06-10 04:00

言語がい害の方に対した訓練用アプリ
介護・医療アプリの開発・運用をしている株式会社ロボキュアは、千葉大学 大学院工学研究院と国保直営総合病院君津中央病院とで共同開発してきた、言語リハビリサービスを「ハナセル」に名称を決定し、サービスの提供を開始した。

専門家がいなくても言語リハビリができる
言語障がいリハビリの専門家、言語聴覚士を必要とする患者が600万人以上いると言われている中、言語聴覚士は15,000人程しかいない。施設などには言語聴覚士はほとんど在籍しておらず、リハビリをしたくてもできないのが現状だ。

そんな中、「障がいのある人が社会参画し健康に暮らすことができる社会を築く」ことを目指し、サービスの開発に努めてきたロボキュアは「ハナセル」の開発に成功した。

「ハナセル」は施設以外でも簡単に言語リハビリができる。言語障がいがあっても簡単に操作ができるUI設計で作られ、タブレットで訓練が可能なサービスだ。

「ハナセル」の機能
「ハナセル」は利用者ごとの訓練設定、訓練経過の確認などの管理ツール機能と、呼称訓練、音声認識で正誤判定などのタブレットアプリ機能のふたつで構成されている。

介護施設や病院が利用者や患者に提供する、B2B2Cのサービス形態となり、料金は利用者1名あたり月額5,000円(税別)になる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社ロボキュア
http://robocure.jp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

認知症への理解を深めよう

認知症サポーター養成講座2018年9月11日、盛岡市は「認知症サポーター養成講座」を開催する。 「認知症サポーター養成講座」では、認知症の症状と診断、治療と予防など、基礎知識を学ぶ。認知症への理解を深めることで、認知症の人や家族、介護者の…

続きを見る

認知症の治療法「リコード法」を日本人向けにした1冊

最新認知症治療法株式会社主婦の友社は、日本における認知症研究の第一人者、白澤卓二医師が執筆した「Dr.白澤のアルツハイマー革命 ボケた脳がよみがえる」を2018年7月11日に出版した。 同書は、米国で9割が改善した認知症の治療法「リコード…

続きを見る

高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー開催 島根

7月17日に松江市で、7月18日には浜田市で開催有限会社 齋藤アルケン工業は、2018年7月27日、高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー『高齢者介護の性について考えよう』について、開催レポートを発表した。 同社は、介護事…

続きを見る

歩行分析から認知症の予防につなげる仕組みを開発

3社が共同開発ZEROBILLBANK JAPAN株式会社(ゼロビルバンク ジャパン)・沖電気工業株式会社・株式会社no new folk studio(ノーニューフォークスタジオ)の3社は、靴にセンサーや無線通信機能を組み込むことで歩行時…

続きを見る

「介護のしごとinまつど 合同就職相談会」8月8日開催 千葉・松戸

千葉県介護人材確保対策事業として開催千葉県松戸市は、2018年8月8日、『介護のしごとinまつど 合同就職相談会』を開催する。 同相談会は、千葉県介護人材確保対策事業として、松戸市特別養護老人ホーム連絡協議会が主催するもの。同市内に立地す…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る