介護・福祉の最新ニュース

タウタンパク質が原因か アルツハイマー病における意欲低下の原因を解明

2018-06-12 05:00

意欲低下の治療や予防の可能性にもつながる成果
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構と国立研究開発法人日本医療研究開発機構は、2018年6月8日、アルツハイマー病患者において意欲低下が生じる原因を解明したと発表した。

同研究では、アルツハイマー病患者の脳内に多く蓄積するタウタンパク質が、意欲低下の原因となり得ることを解明。意欲低下の治療や予防の可能性にもつながる成果だという。

眼窩前頭皮質にタウタンパク質が多く蓄積
アルツハイマー病や、認知症の前段階ともいわれる「軽度認知機能障がい」では、意欲低下という症状が現れる。この症状は、社会的孤立や運動量の減少と、心身機能の低下をもたらす。病状の悪化や介護負担の増大を招くが、十分な治療を行うためには、その原因となる病理変化を生体脳で明らかにする必要があった。

主として死後脳を用いる研究では、病理変化を明らかにすることが困難だったため、同研究では、生体脳でタウタンパク質を可視化するPET技術を開発。同技術を用い、意欲低下が強い早期のアルツハイマー病患者においてタウタンパク質蓄積が多い部位を調べた。結果、意欲低下が重度な患者では、眼窩前頭皮質にタウタンパク質が多く蓄積していることがわかったという。

眼窩前頭皮質の神経細胞死なども重度
同研究では、眼窩前頭皮質におけるタウタンパク質の蓄積と共に、眼窩前頭皮質の神経細胞死や、同部位と他の脳部位とを結ぶ線維の障がいも重度であることを発見。また、意欲低下も重症であることを見出している。

量子科学技術研究開発機構と日本医療研究開発機構はこの成果について、早期診断・治療介入による心身機能低下予防の実現につながることが期待できるものと、評価している。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

アルツハイマー病における意欲低下の原因を解明 - 国立研究開発法人日本医療研究開発機構
https://www.amed.go.jp/news/release_20180608.html

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

第9回ヘルスケア・医療機器開発展 開催

最先端医療を支えるリード エグジビション ジャパン株式会社が主催する、第9回ヘルスケア・医療機器開発展 「MEDIX(メディックス)」が、2018年6月20日(水)~22日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される。 品質の高いさまざま…

続きを見る

スマート介護で「吉野家のやさしいごはん(R)うなぎの蒲焼き」の受注…

業務用の新商品プラスは、6月15日、介護福祉施設専用デリバリーサービス「スマート介護」で、「吉野家のやさしいごはん(R)うなぎの蒲焼き」の先行受注を開始したことを発表した。 その人に合った蒲焼きタイプを選択「吉野家のやさしいごはん(R)う…

続きを見る

JVCケンウッドなど 認知症の非薬物療法に特化するAikomiに出…

新しい非薬物療法を提供JVCケンウッドは、6月13日、認知症の非薬物療法に特化した研究開発型ベンチャー企業で、武田薬品工業の元研究者等によって設立された「Aikomi」に対し、武田薬品工業と共同出資を行うことを発表した。 認知症の介護にお…

続きを見る

高齢者・障がい者向けの”大人のよだれかけ”発売

第一弾、大人のためのエプロンニュージーランドのベビー用品・介護用品を販売するノット株式会社は、日本製の自社ブランド「A Little Better(ア・リトル・ベター)」から、大人のよだれかけ「3 WAY食事エプロン」の販売を開始した。 …

続きを見る

「改訂版 認知症に負けないために知っておきたい 予防と治療法」発売…

今とこれからの知識を株式会社幻冬舎ルネッサンス新社が5月8日に発売した、梶川博氏、森惟明氏・著「改訂版 認知症に負けないために知っておきたい、予防と治療法」がただいま発売中だ。 三大疾患のひとつを徹底解説するシリーズ第2弾の改訂版昨今、高…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る