介護・福祉の最新ニュース

タウタンパク質が原因か アルツハイマー病における意欲低下の原因を解明

2018-06-12 05:00

意欲低下の治療や予防の可能性にもつながる成果
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構と国立研究開発法人日本医療研究開発機構は、2018年6月8日、アルツハイマー病患者において意欲低下が生じる原因を解明したと発表した。

同研究では、アルツハイマー病患者の脳内に多く蓄積するタウタンパク質が、意欲低下の原因となり得ることを解明。意欲低下の治療や予防の可能性にもつながる成果だという。

眼窩前頭皮質にタウタンパク質が多く蓄積
アルツハイマー病や、認知症の前段階ともいわれる「軽度認知機能障がい」では、意欲低下という症状が現れる。この症状は、社会的孤立や運動量の減少と、心身機能の低下をもたらす。病状の悪化や介護負担の増大を招くが、十分な治療を行うためには、その原因となる病理変化を生体脳で明らかにする必要があった。

主として死後脳を用いる研究では、病理変化を明らかにすることが困難だったため、同研究では、生体脳でタウタンパク質を可視化するPET技術を開発。同技術を用い、意欲低下が強い早期のアルツハイマー病患者においてタウタンパク質蓄積が多い部位を調べた。結果、意欲低下が重度な患者では、眼窩前頭皮質にタウタンパク質が多く蓄積していることがわかったという。

眼窩前頭皮質の神経細胞死なども重度
同研究では、眼窩前頭皮質におけるタウタンパク質の蓄積と共に、眼窩前頭皮質の神経細胞死や、同部位と他の脳部位とを結ぶ線維の障がいも重度であることを発見。また、意欲低下も重症であることを見出している。

量子科学技術研究開発機構と日本医療研究開発機構はこの成果について、早期診断・治療介入による心身機能低下予防の実現につながることが期待できるものと、評価している。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

アルツハイマー病における意欲低下の原因を解明 - 国立研究開発法人日本医療研究開発機構
https://www.amed.go.jp/news/release_20180608.html

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

認知症への理解を深めよう

認知症サポーター養成講座2018年9月11日、盛岡市は「認知症サポーター養成講座」を開催する。 「認知症サポーター養成講座」では、認知症の症状と診断、治療と予防など、基礎知識を学ぶ。認知症への理解を深めることで、認知症の人や家族、介護者の…

続きを見る

認知症の治療法「リコード法」を日本人向けにした1冊

最新認知症治療法株式会社主婦の友社は、日本における認知症研究の第一人者、白澤卓二医師が執筆した「Dr.白澤のアルツハイマー革命 ボケた脳がよみがえる」を2018年7月11日に出版した。 同書は、米国で9割が改善した認知症の治療法「リコード…

続きを見る

高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー開催 島根

7月17日に松江市で、7月18日には浜田市で開催有限会社 齋藤アルケン工業は、2018年7月27日、高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー『高齢者介護の性について考えよう』について、開催レポートを発表した。 同社は、介護事…

続きを見る

歩行分析から認知症の予防につなげる仕組みを開発

3社が共同開発ZEROBILLBANK JAPAN株式会社(ゼロビルバンク ジャパン)・沖電気工業株式会社・株式会社no new folk studio(ノーニューフォークスタジオ)の3社は、靴にセンサーや無線通信機能を組み込むことで歩行時…

続きを見る

「介護のしごとinまつど 合同就職相談会」8月8日開催 千葉・松戸

千葉県介護人材確保対策事業として開催千葉県松戸市は、2018年8月8日、『介護のしごとinまつど 合同就職相談会』を開催する。 同相談会は、千葉県介護人材確保対策事業として、松戸市特別養護老人ホーム連絡協議会が主催するもの。同市内に立地す…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る