介護・福祉の最新ニュース

レオパレス21が「あずみ苑水戸」を完成

2018-06-19 20:00

安心の介護施設がまたひとつ誕生
レオパレス21は、6月15日、同社子会社「アズ・ライフケア」が運営をする介護施設「あずみ苑水戸」が、デイサービス・ショートステイとして完成したことを発表した。

充実したシニアライフを提供
「あずみ苑水戸」は、茨城県水戸市に位置。デイサービス25名、ショートステイ24床規模で、要支援・要介護認定を受けている人々が利用できる。

施設では、美味しい食事、レクリエーションや、地域社会との交流を深めるイベントを充実させることで、利用者を徹底サポート。

例えば、食事については、通常食のほか、イベント食を提供するだけでなく、外食レクや鮮魚の解体ショーなど「食」に楽しみを取り入れることで、心身の元気を目指す。

また、レクリエーションの一環として、「健康測定士認定証」を取得した「健康測定士」が、定期的に訪問。6種類の測定機器を利用した「健康測定会」を実施するという。

なお、開所日は、2018年8月1日の予定だ。

「こころの元気」を大切に
超高齢社会の進展を背景に、レオパレス21は、2005年よりシルバー事業を推進中。「こころの元気」をコンセプトに、シルバー事業「あずみ苑」ブランドを展開している。

現在、開所している施設は、関東圏・中部圏で83施設にのぼり、今後も「あずみ苑」のもと、利用者一人ひとりに、心を込めたサービスで、笑顔の日々を提供していく考えだ。

(画像はあずみ苑のホームページより)


▼外部リンク

レオパレス21 プレスリリース
https://www.leopalace21.co.jp/news/2018/0615_2523.html

キーワード: 介護事業者

関連ニュース

高齢者介護を身近に感じさせる「マスコットキャラクター」を募集

幅広いアイデアに期待NSGグループの「はあとふるあたご」は、会社への親しみや、高齢者介護への親近感を持ってもらいという願いから、マスコットキャラクターを募集中である。 高齢者の介護を身近にマスコットキャラクターの応募資格は、プロアマ・地域…

続きを見る

障がいをもつ子どものための学童保育オープン 横浜市

7事業所目開設ウォーターワン株式会社のグループ、ウォーターワンデイサービス株式会社が運営する「もえぎのクローバー」を、待機児童や入所需要が高い神奈川県横浜市南区エリアに、2018年7月1日(日)に7事業所目をオープンした。 放課後等デイサ…

続きを見る

さわやか俱楽部 被災した要介護者の無償受け入れをスタート

被災した高齢者を積極的にサポートウチヤマホールディングスは、7月9日、主要連結子会社である「さわやか俱楽部」が、台風7号及び西日本を中心とした記録的豪雨で被災した、要介護認定を受けている高齢者の人々の一時避難先として、同社の介護施設へ無償に…

続きを見る

ライクケアネクストが介護付き有料老人ホームを開設 横浜市

介護施設を新設介護関連のサービス事業を運営するライクケアネクスト株式会社は、2018年7月1日に介護付き有料老人ホーム「フェリエ ドゥ 磯子」を神奈川県横浜市に開設した。 入居者に安心なサポート「フェリエ ドゥ 磯子」は24時間体制の看護…

続きを見る

ケアパートナーが訪問介護事業所「大和・ヘルパーステーション」をオー…

4施設目の訪問介護事業所ケアパートナーは、7月1日、神奈川県大和市にて、訪問介護事業所「大和・ヘルパーステーション」をオープンした。 同社にとって今回の訪問介護事業所のオープンは4施設目。介護事業所としては、通所介護事業所77カ所、訪問介…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る