介護・福祉の最新ニュース

さわやか倶楽部 大阪北部地震被災高齢者をグループ施設に無償で受け入れ

2018-06-20 20:00

被災した高齢者をサポート
ウチヤマホールディングスは、6月18日、同社の主要連結子会社である「さわやか倶楽部」が、大阪府北部を震源地とする地震において被災した高齢者の人々を、同社のグループ高齢者施設へ無償で受け入れることを発表した。

100室前後を確保可能
「さわやか倶楽部」は、現在、福岡県を中心に全国で99施設の介護施設を運営している。

通常は、入居料として13万~18万円かかるところを、今回同社は、要介護認定を受けている高齢者の人々の一時避難先として、同社グループの介護施設へ無償で受け入れることを決めた。

受け入れ条件は、要支援1~要介護5の認定を受けている人で、概ね65歳以上の高齢者の人。介護保険料の利用者負担分のみ実費が必要だ。

なお、施設により空室状況が異なるが、大阪府3施設・兵庫県2施設・和歌山県1施設・京都府1施設・北海道・東北・関東・中部・四国・九州の各地にて、部屋数100室前後を用意できる計画である。

社会に貢献できる企業に
さわやか倶楽部は、介護事業・障がい児支援事業・ホテル事業を展開。これまでも、2011年の東日本大震災や、2016年の熊本地震の際にも介護施設の無償受け入れを実施している。

今回の無償受け入れについての詳細については、ぜひ気軽に相談してもらいたい考えだ。

(画像はさわやか倶楽部のホームページより)


▼外部リンク

さわやか倶楽部 プレスリリース
http://www.sawayakaclub.jp/advert/20180618_oosaka.pdf

キーワード: 介護事業者

関連ニュース

掲載件数500件「おうちで介護どっとこむ」をリリース

新メディア東京を中心に活躍するリゲルデザイン株式会社は、居住介護サービス提供事業者情報発信メディア「おうちで介護どっとこむ」をリリースした。 「おうちで介護どっとこむ」とは紙媒体だけでは情報が乏しく、更新できないデメリットがある。情報を載…

続きを見る

来春開設の東京リハビリテーションセンター世田谷 AI「モフトレ・コ…

「どの運動をどのくらいやれば良いか」を提案一般財団法人 脳神経疾患研究所附属 総合南東北病院は、2018年7月23日、同院が来春開設予定の『東京リハビリテーションセンター世田谷』において、レコメンドAI『モフトレ・コーチ』を導入すると発表し…

続きを見る

清風会「おとなの学校 岡山校」が七夕イベントを開催 岡山

笹と短冊を用意した七夕イベント社会医療法人清風会は、2018年7月23日、同法人が運営している老人保健施設『おとなの学校 岡山校』において実施した七夕イベントの報告レポートを発表した。 『おとなの学校 岡山校』は、学校形式の取り組みで利用…

続きを見る

障がい者就労支援センターが人気メニューを新開発

行列のできる店舗に成長NSGグループは、7月19日、「製麺工房ドリーム本店」が、地元企業や病院と連携し、「地産地消」「低カロリーヘルシー」などの新メニューを開発したことを発表した。 「製麺工房ドリーム本店」は、2013年10月にオープン。…

続きを見る

高齢者介護を身近に感じさせる「マスコットキャラクター」を募集

幅広いアイデアに期待NSGグループの「はあとふるあたご」は、会社への親しみや、高齢者介護への親近感を持ってもらいという願いから、マスコットキャラクターを募集中である。 高齢者の介護を身近にマスコットキャラクターの応募資格は、プロアマ・地域…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る