介護・福祉の最新ニュース

VRを使用した「目からウロコの認知症セミナー(6/27)」で認知症を体験

2018-07-06 12:00

主体的・対話的に学ぶ
日本高齢者アタッチメント協会は、認知症を疑似体験できるセミナーを6月27日に開催した。同セミナーは、ヘッドセットとスマートフォンを使い認知症の人が見える世界を疑似体験する。

同セミナーは、VRで認知症を体験できるので「文字や言葉だけで聞くよりもわかりやすい」と受講者から好評だ。

認知症を理解しコミュニケーションにつなげる
同セミナーでは、セミナーとVR体験を通して認知症の人が見える世界を知り、認知症を理解することが目的だ。そして認知症を理解することで介護負担を軽減し、また介護に前向きに理解できることを目指している。

具体的には、VRを使い認知症を知るために「頼んだことができない」「生活上の行動がわからない」など、代表的な認知症の状態ごと3つのエピソードを、認知症の人、介助者のそれぞれ立場のいらだちを体験する。

日本高齢者アタッチメント協会とは
日本高齢者アタッチメント協会は、2014年に認知症の理解を深め、認知症に対する偏見を減らしたいと発足した。認知症予防・家族のための認知症介護・専門職のための「介護が楽になる知識」を伝えするセミナーや研修、出張講座などを行っている。

同協会は、認知症の人とのコミュニケーション、関係性の改善に向け、認定講師の育成をさらに本格化させようとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日本高齢者アタッチメント協会のプレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/156932

日本高齢者アタッチメント協会
https://ninchishoucare.jp/wp/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

サ高住「ココファン西船橋」 真間あんどん祭りの行灯を学生と共に製作…

地元大学生との「はじめての共同作業」株式会社学研ココファンは、2018年7月11日、同社が運営するサービス付き高齢者向け住宅『ココファン西船橋』にて『真間あんどん祭り』の行灯製作を行うと発表した。 学研ココファンは、株式会社学研ホールディ…

続きを見る

日本通所ケア研究会 介護のリハビリケア研修会を開催 大阪・東京

医療・介護の連携力を高める日本通所ケア研究会は、2018年7月13日、『介護のリハビリケア研修会』を大阪・東京にて開催すると発表した。 同研修会は、医療・介護の連携力を高める人材育成・運営マネジメント手法などを、講義と実技で学ぶというもの…

続きを見る

はあとふるあたご 看護小規模多機能ホームあきはを開設 新潟市秋葉区

秋葉区初の看護小規模多機能型居宅介護株式会社はあとふるあたごは、2018年7月12日、新潟市秋葉区にて『多機能ホームあきは』を開設したと発表した。 同社は、デイサービスセンターやショートステイなどの運営を行っている企業。『多機能ホームあき…

続きを見る

「真夏の介護現場における高齢者の脱水対策セミナー」開催 東京・銀座

高齢者における「かくれ脱水」対策教えて!「かくれ脱水」委員会は、2018年8月1日、セミナー『真夏の介護現場における高齢者の脱水対策セミナー』を東京・銀座にて開催する。 同委員会は、脱水状態および「かくれ脱水」に対する正しい知識および予防…

続きを見る

電子カルテシステム「MI・RA・Is/AZ」介護機能を提供開始

介護オプション追加株式会社CEホールディングスで電子カルテシステムの開発などを運営する株式会社シーエスアイは、2018年7月10日から電子カルテシステム「MI・RA・Is/AZ(ミライズ/エーズィー)」に介護機能を実装し提供を開始する。 …

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る