介護・福祉の最新ニュース

アルツハイマー病の治療開発に期待 miR-132の補充がハンチントン病に効果あり

2018-07-06 12:00

NCNPの研究グループが発見
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP)と国立研究開発法人 日本医療研究開発機構は、2018年6月25日、脳内で減少するmiR-132の補充がハンチントン病に効果があることを発見したと発表した。

この成果は、NCNP神経研究所神経薬理研究部の研究グループによるもの。アルツハイマー病などの治療開発にも、期待が持てる成果だという。

miR-132の補充が病態改善につながる
ハンチントン病は、常染色体優性遺伝子形式を示す難治性の神経変性疾患。症状としては、舞踏運動などの不随意行動・行動異常・認知障がい・精神障がいなどが挙げられる。根本的な治療法は、未だ確立されていない。

今回の研究では、同疾患と関連するマイクロRNA(miRNA)に焦点を当て、miRNAの機能不全と病態との関連について究明が行われた。結果、ハンチントン病マウスの脳内では多くのmiRNA発現が減少していることをグループは発見。中でも、神経細胞の分化・成熟そして機能に関与するmiR-132は顕著な減少を示しており、その補充が病態改善につながることが明らかになった。

汎用性の高い治療を提供する可能性
miR-132の減少はハンチントン病患者のみならず、アルツハイマー病や統合失調症の患者でも観察されている。これらの疾患に対しても、miR-132の補充は有効な治療(緩和)法になる可能性があると、同研究グループは期待。疾患原因遺伝子に制限されない汎用性の高い治療を提供する可能性についても、示唆している。

同グループは今後も、miR-132についての研究を進めるとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

脳内で減少するmiR-132の補充が「ハンチントン病」に効果があることを発見 - 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構
https://www.amed.go.jp/news/release_20180625-02.html

キーワード: 総合

関連ニュース

認知症になる可能性を早期に発見する機械学習プログラム

認知症になる可能性がある人を早期発見2018年7月26日、ジョージ・アンド・ショーン合同会社は、認知症になる可能性がある人を早期発見できる、機械学習プログラムの実証実験の第1期終了を発表した。 ジョージ・アンド・ショーン合同会社が開発した…

続きを見る

早期アルツハイマー病が対象の「BAN2401」試験結果 米学会にて…

アルツハイマー病協会国際会議にて発表エーザイ株式会社および米バイオジェン社は、2018年7月26日、抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体「BAN2401」の臨床第2相試験における詳細結果を、アルツハイマー病協会国際会議(AAIC201…

続きを見る

次世代アルツハイマー病治療剤「elenbecestat」 試験結果…

アルツハイマー病協会国際会議にて発表エーザイ株式会社および米バイオジェン社は2018年7月26日、経口βサイト切断酵素(BACE)阻害剤「elenbecestat」の臨床第2相試験における詳細結果を、アルツハイマー病協会国際会議(AAIC2…

続きを見る

国立長寿医療研究センター アルツハイマー病に関する論文が国際科学雑…

『Human Genetics』誌に掲載国立研究開発法人 国立長寿医療研究センターは、2018年7月19日、同センター臨床ゲノム解析推進部・重水大智ユニット長が共著者を務めたアルツハイマー病に関する論文が、国際科学雑誌に掲載されたと発表した…

続きを見る

WWIP 日中医療・介護技術交流協会の運営業務を受託

介護のノウハウなどを中国にて提供株式会社ワールドワイド・アイピー・コンサルティングジャパン(以下「WWIP」)は、2018年7月19日、一般社団法人 日中医療・介護技術交流協会(以下「JCMC」)の運営業務を受託したと発表した。 WWIP…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る