介護・福祉の最新ニュース

サ高住「ココファン西船橋」 真間あんどん祭りの行灯を学生と共に製作 千葉

2018-07-16 20:00

地元大学生との「はじめての共同作業」
株式会社学研ココファンは、2018年7月11日、同社が運営するサービス付き高齢者向け住宅『ココファン西船橋』にて『真間あんどん祭り』の行灯製作を行うと発表した。

学研ココファンは、株式会社学研ホールディングスのグループ会社。『ココファン西船橋』は千葉県船橋市に立地する施設であり、『真間あんどん祭り』は千葉県市川市にて7月22日に開催される祭。行灯製作は、地元大学生との「はじめての共同作業」として行われるという。

高齢者も安心して暮らすことができる住まい
団塊の世代のほぼ全てが後期高齢者となる2025年には、日本の全世帯数5000万世帯の約15%に相当する750万世帯が、後期高齢者の一人暮らしおよび夫婦のみの世帯となる推計が出されている。

こうした状況へ対応すべく、心身に不安を抱える高齢者も安心して暮らすことができる住まいとして、サービス付き高齢者向け住宅は2011年に制定化された。

サービス付き高齢者向け住宅は、国土交通省と厚生労働省の共同所管となる。そのため、全国に40万人以上存在するともいわれる特別養護老人ホーム待機者の解消や、在院日数の短縮による退院患者の在宅復帰先としての機能もまた、期待されている。

世代間の交流と一体感を楽しんでほしい
『ココファン西船橋』は、2014年4月にオープンした自立型・介護型のサービス付き高齢者向け住宅。『真間あんどん祭り』の行灯製作にあたっては、住宅内の共有スペースを製作会場のひとつとして開放し、千葉商科大学の学生を中心に入居者や併設保育園の園児が一緒になって行灯を手づくりするとしている。

学研ココファンは、この行灯製作を通して、世代間の交流と一体感を楽しんでほしいと考えている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ココファン西船橋 - 株式会社学研ココファン
http://www.cocofump.co.jp/facilities/detail/nishifunabashi/

ココファン西船橋で「真間あんどん祭り」の行灯製作を行います - PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

認知症への理解を深めよう

認知症サポーター養成講座2018年9月11日、盛岡市は「認知症サポーター養成講座」を開催する。 「認知症サポーター養成講座」では、認知症の症状と診断、治療と予防など、基礎知識を学ぶ。認知症への理解を深めることで、認知症の人や家族、介護者の…

続きを見る

認知症の治療法「リコード法」を日本人向けにした1冊

最新認知症治療法株式会社主婦の友社は、日本における認知症研究の第一人者、白澤卓二医師が執筆した「Dr.白澤のアルツハイマー革命 ボケた脳がよみがえる」を2018年7月11日に出版した。 同書は、米国で9割が改善した認知症の治療法「リコード…

続きを見る

高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー開催 島根

7月17日に松江市で、7月18日には浜田市で開催有限会社 齋藤アルケン工業は、2018年7月27日、高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー『高齢者介護の性について考えよう』について、開催レポートを発表した。 同社は、介護事…

続きを見る

歩行分析から認知症の予防につなげる仕組みを開発

3社が共同開発ZEROBILLBANK JAPAN株式会社(ゼロビルバンク ジャパン)・沖電気工業株式会社・株式会社no new folk studio(ノーニューフォークスタジオ)の3社は、靴にセンサーや無線通信機能を組み込むことで歩行時…

続きを見る

「介護のしごとinまつど 合同就職相談会」8月8日開催 千葉・松戸

千葉県介護人材確保対策事業として開催千葉県松戸市は、2018年8月8日、『介護のしごとinまつど 合同就職相談会』を開催する。 同相談会は、千葉県介護人材確保対策事業として、松戸市特別養護老人ホーム連絡協議会が主催するもの。同市内に立地す…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る