介護・福祉の最新ニュース

世界初!「座ったままウォーキングできる足ふみ健康器」販売をスタート

2018-07-17 19:00

世界初の画期的なリハビリ製品
健幸ライフは、今年5月より、高齢者向け歩行訓練リハビリ器具「足ふみ健康ライフ」の販売を開始している。

同社は、同製品を7月3、4日に福岡で開催された九州最大の介護用品展示会「CareTEX福岡」に出展。2日間で77社の介護事業者からの商談オファーもあり、医療・介護関係者に大好評だったという。

「足ふみ健康ライフ」の概要
「足ふみ健康ライフ」のコンセプトは、「座ったままウォーキングできるリハビリ健康器」だ。

木製の単純な器具でありながら、足の弱った高齢者や車いすの要介護者でも楽に歩行訓練ができるだけでなく、貧乏ゆすり(ジグリング)効果によって、寝たきり、認知症、ロコモ(運動器)疾患の予防にも効果を発揮。

医療費、介護費の抑制や、高齢者の健康寿命の延伸にもつながると期待が寄せられる製品である。

高齢者の健康長寿に貢献
同社は、試行錯誤を重ね、この器具を開発。完成まで2年間を費やした。

同製品は、これからの超高齢社会に求められる製品。今後は、病院、介護施設への導入を進めるとともに、より多くの高齢者や要介護者に利用してもらい、将来的には介護保険適用の福祉用具として、全国に普及させたい考えである。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

健幸ライフ プレスリリース(ValuePress!)
https://www.value-press.com/pressrelease/204654

足ふみ健幸ライフの紹介サイト
https://www.ashifumi.net/

キーワード: イベント・リリース

関連ニュース

認知症への理解を深めよう

認知症サポーター養成講座2018年9月11日、盛岡市は「認知症サポーター養成講座」を開催する。 「認知症サポーター養成講座」では、認知症の症状と診断、治療と予防など、基礎知識を学ぶ。認知症への理解を深めることで、認知症の人や家族、介護者の…

続きを見る

認知症の治療法「リコード法」を日本人向けにした1冊

最新認知症治療法株式会社主婦の友社は、日本における認知症研究の第一人者、白澤卓二医師が執筆した「Dr.白澤のアルツハイマー革命 ボケた脳がよみがえる」を2018年7月11日に出版した。 同書は、米国で9割が改善した認知症の治療法「リコード…

続きを見る

高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー開催 島根

7月17日に松江市で、7月18日には浜田市で開催有限会社 齋藤アルケン工業は、2018年7月27日、高齢者の介護職員へのセクハラ問題解決を模索するセミナー『高齢者介護の性について考えよう』について、開催レポートを発表した。 同社は、介護事…

続きを見る

歩行分析から認知症の予防につなげる仕組みを開発

3社が共同開発ZEROBILLBANK JAPAN株式会社(ゼロビルバンク ジャパン)・沖電気工業株式会社・株式会社no new folk studio(ノーニューフォークスタジオ)の3社は、靴にセンサーや無線通信機能を組み込むことで歩行時…

続きを見る

「介護のしごとinまつど 合同就職相談会」8月8日開催 千葉・松戸

千葉県介護人材確保対策事業として開催千葉県松戸市は、2018年8月8日、『介護のしごとinまつど 合同就職相談会』を開催する。 同相談会は、千葉県介護人材確保対策事業として、松戸市特別養護老人ホーム連絡協議会が主催するもの。同市内に立地す…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る