介護・福祉の最新ニュース

国立長寿医療研究センター アルツハイマー病に関する論文が国際科学雑誌に掲載

2018-07-24 21:00

『Human Genetics』誌に掲載
国立研究開発法人 国立長寿医療研究センターは、2018年7月19日、同センター臨床ゲノム解析推進部・重水大智ユニット長が共著者を務めたアルツハイマー病に関する論文が、国際科学雑誌に掲載されたと発表した。

この論文は、「アルツハイマー病のアミロイドβ蓄積にかかわる新規感受性遺伝子の同定」に関するもの。『Human Genetics』誌に掲載されている。

アミロイドβ蓄積に関与する遺伝子を探索
脳におけるアミロイドβの蓄積がアルツハイマー病発症に関与している可能性については、これまでにも多数の報告が行われている。しかし、誘発する分子メカニズムについては、未だ解明されていなかった。

重水ユニット長らによる今回の研究では、ヒトのゲノムワイド関連解析のデータおよびマウスの脳における遺伝子発現のデータを、統合して解析。アルツハイマー病発症者におけるアミロイドβ蓄積に関与する新規感受性遺伝子の探索が行われた。この探索の結果、5つの新規感受性遺伝子候補が発見されている。

確認された2遺伝子「LBH」と「SHF」
発見された5つの遺伝子は、ヒトの海馬での発現がさらに調べられた。その結果、5つのうち2遺伝子が、アルツハイマー病発症者と健常者群において有意な発現差が確認されている。

アミロイドβ蓄積への関与が確認された2遺伝子は、「LBH」と「SHF」。同センターは、この2遺伝子が今後、アルツハイマー病の病態解明において手助けになることが期待できるとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

重水大智ユニット長が共著者の研究論文が、国際科学雑誌に掲載されました - 国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター
http://www.ncgg.go.jp/mgc/news/20180719.html

キーワード: 総合

関連ニュース

認知症になる可能性を早期に発見する機械学習プログラム

認知症になる可能性がある人を早期発見2018年7月26日、ジョージ・アンド・ショーン合同会社は、認知症になる可能性がある人を早期発見できる、機械学習プログラムの実証実験の第1期終了を発表した。 ジョージ・アンド・ショーン合同会社が開発した…

続きを見る

早期アルツハイマー病が対象の「BAN2401」試験結果 米学会にて…

アルツハイマー病協会国際会議にて発表エーザイ株式会社および米バイオジェン社は、2018年7月26日、抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体「BAN2401」の臨床第2相試験における詳細結果を、アルツハイマー病協会国際会議(AAIC201…

続きを見る

次世代アルツハイマー病治療剤「elenbecestat」 試験結果…

アルツハイマー病協会国際会議にて発表エーザイ株式会社および米バイオジェン社は2018年7月26日、経口βサイト切断酵素(BACE)阻害剤「elenbecestat」の臨床第2相試験における詳細結果を、アルツハイマー病協会国際会議(AAIC2…

続きを見る

WWIP 日中医療・介護技術交流協会の運営業務を受託

介護のノウハウなどを中国にて提供株式会社ワールドワイド・アイピー・コンサルティングジャパン(以下「WWIP」)は、2018年7月19日、一般社団法人 日中医療・介護技術交流協会(以下「JCMC」)の運営業務を受託したと発表した。 WWIP…

続きを見る

東大 軽度認知障がいにおける認知機能低下の加速因子を同定

認知症の前段階と考えられる軽度認知障がい東京大学大学院医学系研究科は、2018年7月17日、軽度認知障がいにおける認知機能低下の加速因子を同定したと発表した。 軽度認知障がいは、認知機能が同年齢と比較して有意に低下しているが、日常生活では…

続きを見る

アクセスランキング※過去7日間

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 12
  13. 13
  14. 14
  15. 15
  16. 16
  17. 17
  18. 18
  19. 19
  20. 20
ページの先頭に戻る